スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2014年05月

ブラジルW杯のスタジアムは日本にとってはホーム状態?

** ザッケローニ監督率いる日本代表がブラジルW杯本番で100%以上 の力を発揮できるかという要素の1つにスタジアムの雰囲気がある。  やはり観客から応援してもらえるホームの雰囲気で戦う方がブー イングの中で戦うアウェーの雰囲気で戦うよりも より力は発揮でき るだろう。  スタジアムの観客は両国のサポーター以外は当然ながら開催国の ブラジル人がほとんどで、ブラジルには日系人が多いし1年前のコ ......続きを読む»

日本代表には暑さに強いというアドバンテージがある

 W杯初戦のコートジボアール戦まで残り16日となった今日アルベ ルト・ザッケローニ監督率いるサッカー日本代表が合宿地のフロリダ に向けて出発した。  ブラジルW杯のグループステージで日本が戦うレシフェやナタル にクイアバの3会場は暑いようだから、豊富な運動量で勝負する日 本にとっては厳しい条件だと言われているので暑さ対策が必須条件 だろう。  ただマスコミが言うように日本は暑さ......続きを読む»

いい試合は6月14日以降に見せれば よい

 アルベルト・ザッケローニ監督率いる日本代表チームが昨日 埼玉 スタジアムでキプロスに1-0で勝ち、日本での最後の試合を終えて 29日にアメリカでの直前合宿に出発する。  格下といわれるキプロスに1-0という結果に不安を煽る記事が 目に付くのだが、個人的には あまり気にならない。  というのも06ドイツ大会前はドイツとの親善試合で一時は2-0と リードを奪い2-2で引き分けるなど......続きを読む»

トマス杯優勝の快挙を小さくしか報道しないマスコミって・・・

 なでしこジャパンがアジアを制した直後に、何とバドミントンの トマス杯決勝で日本男子がマレーシアに3-2で勝って49年に 始まった同大会での初優勝を飾る快挙を演じた。  トマス杯はバドミントンの世界では五輪以上の価値がある大会で コレで優勝するという事はサッカーのW杯での優勝と同じ価値がある わけだし、日本男子は3位が過去4度あるものの決勝進出すら初めて だったのに準決勝で5連覇中の......続きを読む»

優勝しただけでなく、若手に成功体験を積ませる事が できたアジア杯

 日本時間の昨夜行われた女子サッカーアジア杯の決勝で日本代表 は、オーストラリアに岩清水梓のヘッドで挙げたゴールでの1点を 守りきって1-0で勝ち初優勝を飾った。  11年のW杯で優勝した日本だったがアジア杯は過去優勝がなく、 悲願の初優勝という事になる。  今大会は海外のクラブでプレーしているメンバーがグループステ ージまでしか出場できなかった事から11年W杯&12年ロ......続きを読む»

大相撲夏場所終了

 今年の大相撲夏場所は今日が千秋楽で、横綱の白鵬が日馬富士を 下し29度目の優勝を飾った。  先場所の千秋楽に鶴竜に敗れて優勝を逃した白鵬が今場所は11日 目に豪栄道に不覚を取ったものの、12日目に稀勢の里に完勝して星 1つの差を付けたまま余裕の相撲での優勝だった。  新横綱の鶴竜は先場所までが でき過ぎの感があり、新横綱の場所 という事から多くの行事などで調整不足だろうと思われ......続きを読む»

遠藤の負け越し理由はリズムを立て直せない事

  日本人横綱最右翼と期待されている遠藤が今場所も13日目に 敗れ2場所連続の負け越しが決まった。  初場所で11勝して敢闘賞を受賞し前頭筆頭で迎えた春場所は 6勝9敗と負け越し、今場所は4枚目まで番付を下げていたのだが 13日目で早くも負け越しが決まってしまった。  冷静に考えれば入幕して5場所目なのだから仕方ないと思うが、 例によって‘期待はずれ’的な表現をするマスゴミが出て......続きを読む»

プロ野球の繁栄には球団増が欠かせない

 自民党の日本経済再生本部がまとめた第2次提案で、プロ野球を 現行の12球団から16球団に増やす事で地方都市と地域経済の活性 化を図る事が経済成長戦略に盛り込まれる事が判明した。  イーグルスの星野仙一監督は‘小さくしたらプロ野球は活性化しな いし、地域活性化にもなって国民全員を喜ばせるという理念は歓迎 する‘というコメントしていたように個人的にも大賛成だし、政治家 達にもスポーツで......続きを読む»

日本サッカーの危うさ

 先週の今頃はW杯ブラジル大会の代表決定で沸いたのだが、 そのかげで広島・川崎・C大阪とACLのベスト16に勝ち残っていた 3チームが敗れてしまいベスト8にすら残れないという事態になった。  前回優勝の広州恒大と戦ったC大阪は まだしもホームでの1st レグを勝ち、引き分けでもベスト8だった広島がウェスタン・シド ニーに敗れたのには驚いた。  今シーズンはW杯の影響で各国のリーグ......続きを読む»

9人野球とDH制

 今日からプロ野球はパ・リーグの本拠地でセ・パ交流戦が始まった。  例年パ・リーグの本拠地ではDH制が敷かれセ・リーグの本拠地 では投手が打席に立つ9人野球となっていたのを今年は入れ替え、 セの本拠地ではDH制をパの本拠地では9人野球と通常のスタイル を入れ替えて行われる。  思えばDH制をパ・リーグが導入したのは75年からで来年で40年と なるのだが導入当初は識者達を中心に‘野......続きを読む»

優勝をかけたスペインリーグ最終戦の直接対決のジンクスは生きていた

 リーガエスパニョーラ13~14シーズンの優勝は最終節まで持ち越 され、勝ち点89で首位のアトレチコ・マドリードが86で2位のバルセ ロナの本拠地・カンプノウに乗り込んでの最終決戦となった。  バルセロナが勝てば優勝なのに対しアトレチコは引き分けでも優勝 という有利な状況ではあるが、10万人の大観衆が詰めかけたカンプノ ウでのアドバンテージを考えると互角に近い形で少なくともロースコ ......続きを読む»

訃報、クリーン大関・魁傑死す

 今日 出先から帰宅してネットを開くと‘元大関魁傑の西森さん 死去’というニュースが載っていた。  ニュースによれば今日の午後ゴルフの練習場で倒れ、そのまま 亡くなったとの事だが年齢を見れば66歳だからまだ若く信じられ ない思いだ。  元大関の魁傑は75年春場所で大関に昇進したもののケガや肝炎 の影響で76年初場所で陥落するのだが、同年秋場所で平幕優勝す ると77年初場所で大関......続きを読む»

サガン鳥栖、大健闘!

 6月に始まるブラジルW杯のためにJリーグは今日行われた14節で 中断となるのだが12節に首位に立っていた鳥栖はホームで大宮と 1-1で引き分けたのに対し、浦和がホームでC大阪に1-0で勝って 勝ち点29とし鳥栖に勝ち点1差を付けて1位で中断期間に入る事に なる。  ただ今節で逆転されたとはいえ鳥栖が14試合を終えて9勝1分4敗 の勝ち点28で2位とは正直言って驚く成績だ。  ......続きを読む»

日本版クオリティスタートは

 最近違和感があるのは細かすぎる球数制限とクオリティスタート。  解説者達曰く‘100球を越えたから云々’や‘6回を○点で抑えた ので合格‘などなどだ。  MLBでは‘6回を120球以内で収め3失点までなら合格’という 価値観があってクオリティスタートと呼んでいるのは年間162試合を 中4日で5人の投手を回して戦い、サヨナラ負けしそうな場面でなけ れば失点と引き換えにアウトカウン......続きを読む»

トレーナー次第でボクサーは変わるのだから

 4月23日に長谷川穂積、5月7日に井岡一翔が日本人ボクサー初の 3階級制覇に挑んだのだが残念ながら2人とも失敗した。  長谷川の場合こすっからく判定勝ちを狙うスタイルで戦えば勝てる と思っていたのだが王者が得意とする打ち合いに巻き込まれ、井岡も 王者の変幻自在なスタイルに対処できずに完敗した。  両者の敗戦は残念だが同時に‘もう少し優れたトレーナーがセコ ンドに付いていれば’と......続きを読む»

長所を伸ばす事で弱点を克服できるか?

 昨日6月に始まるW杯ブラジル大会の日本代表メンバーが発表され 出場する23人が決まったのだが、最後の1人を守備的な選手では なく攻撃的な選手=大久保嘉人を選んだ事でW杯本番でも自分 達で主導権を握って勝ちに行くというアルベルト・ザッケローニ 監督の決意表明のような感じだった。  最近よく言われるのは‘長所を伸ばす事で弱点を覆い隠す事が できる’というもの。  例えば先日亡くな......続きを読む»

W杯ブラジル大会23人の侍 決まる

 今日ブラジルW杯に出場するアルベルト・ザッケローニ監督率いる サッカー日本代表のメンバー23人が発表された。  今月に入って いろんなメンバーの名前が取り沙汰されていたが、 監督はメンバー固定型なので個人的には8割方は予想がつくと 思っていたからDFやボランチにFWといずれのバックアップを重視 するのかというのが最大の関心事だった。  23人中 半分にあたる12人が海外組になっ......続きを読む»

明日から大相撲夏場所

 明日から両国国技館で大相撲夏場所が始まる。  今場所は先場所初優勝して横綱に昇進した鶴竜が どういう相撲を 取るかというのが最大の見どころだが、個人的には新横綱としての 行事などに追われて先場所までのような調整ができないだろうから 優勝争いはしても連覇というのは厳しいと思う。  そこで注目したいのは13場所連続で関脇の座を守っている豪栄 道で、よくいえば大関最短距離にいるのだが......続きを読む»

現役MLBプレイヤーを取る時は

 昨年の日本一チームGイーグルスのケビン・ユーキリスが左踵 から足裏にかけての炎症の影響を起こし、治療のため一時帰国 したというニュースが先日載っていて下手すると そのまま退団も ありえるという。  イーグルスが昨年日本一になれたのは打線では1番の岡島豪郎 と3番の銀次の定着もあるが、4番と5番を打ったアンドリュー・ ジョーンズとケーシー・マギーが打線の軸になったのが大きい。 ......続きを読む»

手を出さずに前進してもポイントには ならないのだが・・・

 先日行われたIBFフライ級タイトルマッチで3階級制覇を狙った 井岡一翔が、王者のアムナト・ルエンロンに1-2の判定ながら完敗 した試合で負けた井岡陣営から‘あれだけ相手が逃げていたのに 対し一翔は前に行っていた’というコメントに違和感を感じた。  どうやら日本のボクシング関係者に‘前に出る=攻勢’という 概念が未だにあるらしい。  世界戦では必ずラウンド毎に差を付けるラウンドマ......続きを読む»

井岡一翔 3階級制覇ならず

 今日 大阪のボディメーカーコロシアムで行われたIBFフライ級タイ トルマッチで2階級を制覇していた井岡一翔は王者のアムナット・ ルエンロンに1-2の判定で敗れ3階級制覇に失敗した。  王者の長いリーチを生かした攻めに対し井岡はガードを固めて 前進するものの手数が少ないという流れで試合は進み、7Rぐらい から体を振ってパンチもスムーズに出始めたのだが王者のクリンチ やロープ際での体の......続きを読む»

‘アンタッチャブル’川島郭志の戴冠から20年

 今から20年前の昨日94年5月4日に行われたWBC:Jバンタム級 タイトルマッチで川島郭志が王者のホセ・ルイス・ブエノとの技術 戦で完勝しタイトルを奪取した日である。  川島郭志といえば高校時代から活躍したアマエリートで鳴り物入 りでヨネクラジムからデビューしたものの、高校時代のライバル・ ピューマ渡久地に東日本新人王決勝でKO負けしたり拳を骨折する など挫折を味わい同世代の辰吉丈......続きを読む»

ラフファイトに負けずフロイド・メイウェザー王座統一

 今日ラスベガスのMGMグランドガーデンで行われたWBA&WBC ウエルター級統一戦は、WBC王者のフロイド・メイウェザーがWBA 王者のマルコス・マイダナに2-0の判定勝ちで王座を統一した。  試合前からメイウェザーの圧倒的有利が予想されマイダナは メイウェザーの後継者といわれたエイドリアン・ブローナーに 勝っているものの、本家のメイウェザーでは得意の突進をすか されて完封......続きを読む»

井岡一翔が3階級制覇に成功しても

 3月26日から予定されていた今年の世界タイトルマッチ春の陣は 5月7日に大阪で井岡一翔がIBFフライ級タイトルに挑戦し3階級制 覇を目指す一戦で締めになる。  3月に河野公平がデンカオセーンを8RでKOしてWBA:Sフライ級 タイトルを奪回したのを皮切りに4月6日には八重樫東が防衛に 成功し、ビッグマッチのローマン・ゴンサレス戦を決めた後 井上 尚弥がプロ入り6戦目でWBC:Lフラ......続きを読む»

アイルトン・セナの事故死から20年経ち

 今から20年前の今日94年5月1日はF1サンマリノGPのレース 中にクラッシュ事故を起こしたアイルトン・セナが亡くなった日で ある。  この日は甲子園球場で行われていたタイガースvsジャイアンツ戦 のダイジェストを見るべくNHKのサンデースポーツにチャンネルを 合わせていたら、終了間際にアナウンサーが‘アイルトン・セナが事 故を起こしヘリコプターで運ばれた‘というニュースが流れてい......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:889
  • 累計のページビュー:15116573

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss