スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2014年04月

日本柔道重量級第3の男登場を喜ぶべきか?それとも・・・

 今日 日本武道館で行われた全日本柔道選手権で21歳の王子谷 剛志が決勝で10年世界選手権無差別級王者の上川大樹に一本 勝ちし初優勝を飾った。  柔道の日本男子重量級は08北京五輪で石井慧が金メダルを 取ったのを最後に低迷し、10ロンドン五輪での金メダル0の元凶とも いわれた。  重量級の復活を期すべく大会前に期待されたのは今年の体重 別を制し復調を見せている10年世界選手権無......続きを読む»

錦織圭クレーコート初優勝!

 現地時間の27日に行われたバルセロナOPの決勝で錦織圭が サンティアゴ・ヒラルドに6-2・6-2のストレートで勝ち初優勝を 飾ると共に、ツァー5度目の優勝の中で初めて優勝するという 快挙を演じ世界ランクも17位から12位に上がる事になった。  強敵であるラファエル・ナダルがベスト8で敗退していたという 幸運もあったが、それを除いても余りある快挙なのは間違い ない。  というの......続きを読む»

沖縄尚学 春の九州大会も制したが

 4月19日から熊本で始まった今年の春季九州大会は25日が最終 日で、昨秋の神宮大会優勝校で選抜ベスト8の沖縄尚学が昨秋に 続き連続優勝を果たした。  今年の九州大会は開催県の熊本から3校だけでなく選抜出場を 果たした5校を含めた20校で行われる。  ここで沖縄尚学などの選抜出場校は控え選手達に実戦経験を 積ませて選手層を厚くするケースがあるのに対し、選抜に出場 してないチーム......続きを読む»

プロ野球中継に民放地上波は必要ない!

 最近プロ野球人気が低下しているという話を耳にする。  その最たる理由がジャイアンツ戦を中心にしたナイター中継の視 聴率が以前よりも悪く、地上波中継が激減しているというのが主な 理由らしい。  たしかに地上波中継の減少は目に付くし特に神宮や広島でのジャイ アンツ戦は福岡ではホークス戦のカバー中継になっている事もあり、 ほとんど見られなくなっているのが実情だ。  しかしBSに......続きを読む»

長谷川穂積を狂わせたもの

 昨日行われたIBF:Sバンタム級タイトルマッチで日本人初の 3階級制覇を狙った長谷川穂積が、王者のキコ・マルチネスに7R TKO負けしてタイトル奪取に失敗した。  正直言って王者のマルチネスは長谷川がモンティエルと戦った 頃ならKOもしくは判定でも大差で勝てる相手だったし、実際に 2Rにダウンはしたものの後半しっかり挽回できると思っていたの だが一番やってはいけない正面からの打ち合......続きを読む»

明暗が分かれた日本人サウスポー

 今日 大阪城ホールで行われたボクシングのW世界戦でWBCバン タム級王者・山中慎介は9Rに左ボディで4度目のダウンを奪って TKOで快勝したのに対し、3階級制覇を狙った長谷川穂積はIBF: Sバンタム級王者のキコ・マルチネスに7RTKO負けしタイトル奪取 ならず日本人サウスポーが明暗を分ける形となった。  メインの山中はベルギー初の世界王者を目指す3位のシュテ ファーヌ・ジャモエと......続きを読む»

限定付きながら高校野球にもタイブレークを

 今年の選抜高校野球は6つのサヨナラを含めて7試合の延長戦が あるなど接戦が目立ったのだが、問題だったのは2回戦で引き分け 再試合を戦った桐生第一が決勝まで戦うと5連戦になる可能性が あった事。  これまで高校野球は延長18回で引き分けとして再試合を行って いたのだが00年度から15回に短縮された。  これで選手達への負担は軽減されたようにみえたが15回で決着が 付かず再試合に......続きを読む»

某一家は協会からも見放された

 先ほどネットに東日本ボクシング協会が亀田ジム会長を除名する という記事が載っていた。  既にJBCが亀田ジムのライセンス更新を許可せずに兄弟が国内 で試合をするなら他のジムに所属するか、現体制で試合をしたけれ ば海外でやるしかないという状況になっていたのに対して協会側の 対応が注目されていた。  というのも3月26日に後楽園ホールで行われたWBA:Sフライ級 タイトルマッチで......続きを読む»

ボクシングの黄金カードに巡り会うのは難しい

 WBOウエルター級タイトルマッチでマニー・パッキャオがティモ シー・ブラッドリーに判定勝ちして12年6月に失ったタイトルを奪回 して早いもので明日で1週間が経つ。  今年36歳のパッキャオではあるが‘今後2・3年は戦う’との事から ファンが待望しているフロイド・メイウェザーJr戦を含めた今後の 対戦相手が注目される。  ただ個人的にはメイウェザー戦には数年前なら いざ知らず、現......続きを読む»

アストロ球団系の作品が出ないのは

40年前の今頃ヒットしていたマンガにアストロ球団がある。  伝説の名投手・沢村栄治が抱いたメジャーリーグ打倒の夢を かなえるべく、沢村が戦死した10年後の昭和29年9月9日午前9時 9分9秒に生まれ体のどこかにボールの形のあざがあるアストロ 超人達がチームを作って活躍するという内容だ。  沢村栄治が投げたといわれる三段ドロップから始まりスカイラブ やファントム大魔球にジャコビ......続きを読む»

寺原隼人、対13球団勝利は めでたいが・・・

 昨日はホークスの寺原隼人がGイーグルス相手に7回1失点で 今シーズン初勝利を挙げると共に、工藤公康・杉内俊哉に続いて 13球団勝利を達成した。  3回などノーアウト2塁から聖沢のバント処理にもたついて内野 安打にしてしまいノーアウト満塁と傷口を広げながら犠牲フライの 1点で踏ん張ったのが効いた形だが、解説の宮本慎也からは‘ノー アウト2塁だから足の速い聖沢のバント安打を警戒しないと......続きを読む»

日本人力士が優勝するためには

  大相撲春場所で優勝した鶴竜が横綱に昇進し白鵬、日馬富士 に続く3人目の横綱誕生という事になるのだが朝青龍も含めて4人 続けてのモンゴル人横綱だから そろそろ日本人横綱の誕生も 待望されるものの日本人力士の優勝自体が栃東以来ないのだから 状況は深刻だ。  個人的には強い者が人種に関係なく綱を張るという状況は健全 なので悪い事ではないと思うが、ここまで日本人力士が優勝でき ないとい......続きを読む»

競泳日本選手権が終わり・・・

 10日から行われていた8月のパンパシフィック選手権と9月の仁川 アジア大会の代表選考を兼ねた今年の競泳日本選手権が昨日終 わった。  最大の注目はロンドン五輪男子400個人メドレーの銅メダリストの 萩野公介が出場6種目を全部制覇できるか?と、背泳ぎのエース・ 入江陵介が萩野の6冠を阻むかというもの。  結果的に背泳ぎでは入江が第1人者の貫禄を見せ、100と200の 両種目を制......続きを読む»

マニー・パッキャオ王座奪還

 日本時間の今日ラスベガスのMGMグランドガーデンで行われた WBOウエルター級タイトルマッチは元王者のマニー・パッキャオが 2年前の6月に敗れたティモシー・ブラッドリーに3-0の判定勝ちで 王座返り咲きを果たした。  試合はパッキャオが仕掛けブラッドリーが迎え撃つ展開で始まり 攻勢に出たパッキャオが4Rに右のカウンターを直撃されてグラつく と、そこからは思い切った左を打ち込む事なく......続きを読む»

ガッツ石松の世界タイトル奪取から40年

 今から40年前の今日74年4月11日はガッツ石松がWBCライト 級王者のロドルフォ・ゴンサレスを8RでKOし、3度目の挑戦 で世界タイトルを奪取した日である。  ガッツ石松といえば当時は縞の合羽に三度笠という股旅スタイル でリングインするボクサーというイメージで、他には東洋王者時代に 愚連隊相手に大立ち回りをした事で印象があったぐらい。  しかも過去2度の世界挑戦は いずれも敵......続きを読む»

斎藤佑樹は1軍に居場所なし!

 プロ野球も開幕して明日で2週間経つのだが今日 札幌ドームで 行われたファイターズ-Gイーグルス戦で開幕2戦目に登板して負け 投手になった斎藤佑樹が中11日で先発したものの、制球が定まらず 打者10人に対し2安打4四球の1回1/3でKOされた。  登板前には最高のコンディションと語っていただけに、これでは 厳しい。  斎藤佑樹は早稲田実時代の06年夏に田中将大を擁し夏の甲子園 ......続きを読む»

2ラウンドKOの天国と地獄を味わった小林光二

 今から30年前に後楽園ホールで行われたWBCフライ級タイトル マッチで王者の小林光二は1位のガブリエル・ベルナルに2RKO 負けして初防衛に失敗した。  約3ヶ月前に同じ後楽園ホールで王者のフランク・セデニョに挑戦し 2RKO勝ちで歓喜のタイトル奪取に成功していただけに‘2Rで奪った タイトルを2Rで失った王者‘という珍しい肩書きになってしまったの だが、当時WBCフライ級タイトル......続きを読む»

井上尚弥、すばらしい6戦目のタイトル奪取

 昨夜 大田区総合体育館で行われたWBC:Lフライ級タイトルマッチで 挑戦者で4位の井上尚弥が王者アドリアン・エルナンデスに6RTKO 勝ちしてプロ入り6戦目という日本最速キャリアでの世界タイトル 奪取という快挙を演じた。  私の試合前の予想はKOでエルナンデス、井上が勝つなら際どい 判定と思っていたが何せ6戦目では荷が重い相手と思っていた。  というのもエルナンデスは32戦29......続きを読む»

同時刻に女子サッカー決勝と、田中将大のデビュー戦があって

 昨日はNYヤンキース・田中将大のMLBデビューと女子サッカー U17W杯のファイナルが同じ時間帯にOAされたため、どちらを 見るか迷った末に女子サッカーの方を優先的に見た。  というのもMLBの方は8:00放送開始だったもののトロントでの 開幕セレモニーが入るため、試合開始予定時間が8:30となって いたのに対し女子サッカーは8:00キックオフだったのでキック オフから見る事にした......続きを読む»

祝!リトルなでしこ世界制覇

 日本時間の今朝コスタリカのサンホセで行われた女子サッカー U17W杯のファイナルで日本はスペインに2-0で勝ち見事な初優勝 を飾った。  残念ながらファイナルまでは地上波やBSでの放送もなく新聞で 結果を知るぐらいだったのだがグループステージでスペイン・パ ラグアイ・ニュージーランドに3連勝すると、ベスト8でメキシコ をベスト4ではベネズエラに勝ってのファイナル進出だった。 ......続きを読む»

スクイズによる決勝点がなかった今年の選抜高校野球

 今年の選抜高校野球を見ていて気付いたのはスクイズによる決勝 点がない事だ。  今大会スクイズでの印象的な得点シーンといえば明徳義塾が智弁 和歌山戦で延長11回裏に1点リードされた場面での同点スクイズ ぐらいで、広島商OBの迫田守昭監督率いる新庄が引き分けた桐生 第一戦でも10回裏に1アウト満塁のチャンスでスクイズをせずに 打たせて1塁ゴロ併殺でサヨナラを逃している。  また佐......続きを読む»

日本男子テニス、未知への挑戦

 明日からテニスの男子国別対抗戦・デビス杯のQファイナルが 3連覇を狙うチェコ相手に有明コロシアムで始まる。  2月にカナダ相手に日本の男子テニスが現行システムになって から初の初戦突破を果たしベスト8に進出したのだが、残念ながら エースの錦織圭が先週のソニーOPで左股関節を痛めて欠場という 事態になっただけでなく2番手の添田豪も体調不良のため日本の 総合力が問われる試合になる。 ......続きを読む»

‘スーパーエース1枚より複数投手が有利’の流れが加速した今年の選抜高校野球

 35年ぶりの近畿勢同士の決勝に沸いた今年の選抜高校野球は 龍谷大平安が履正社に6-2で勝ち春38度目の出場で選抜初優勝 を飾った。  今年の選抜大会は99年の71回大会に並ぶ7試合の延長戦が 行われ、引き分け再試合まである接戦が目立ったのだがファイナ リストの平安と履正社の特徴は複数投手を擁していた事だ。  履正社は溝田が初戦の小山台戦こそ9回1アウトまでノーヒットと いう好......続きを読む»

2014選抜高校野球,第12日

 今年の選抜高校野球も決勝戦を迎え、履正社と龍谷大平安という 近畿勢同士の対戦となった。  共に強力な打線をバックに継投で勝ち進んできたチーム同士だか ら当然のように投手の交代時機が勝敗を左右すると思われるし、 特に履正社は溝田と永谷の2枚看板なので交代するタイミングが カギになるだろう。  履正社 2-6 龍谷大平安  1回表に平安は1番が3ベースで出塁すると2番のタイム......続きを読む»

2014選抜高校野球,第11日

 ベスト4の2試合が行われる大会11日目。  第1試合はベスト8で比較的楽な展開で勝った履正社と豊川の 対戦だが、溝田・永谷という2枚看板の履正社と1枚エースの田中 で勝ってきた豊川の対戦になるので特に田中の出来が勝敗を左右 する。  第2試合は延長を勝ち抜いた佐野日大と龍谷大平安の対戦。  こちらも1枚エースの田嶋で延長2試合を戦った佐野日大と、3人 の投手を使う平安の対......続きを読む»

2014選抜高校野球,第10日

 大会10日目は‘花のベスト8’  近畿勢同士の第1試合は2試合連続で快勝している福知山成美と 2回戦で逆転サヨナラ勝ちを演じ勢いに乗っている履正社の対戦。  打線活発な両チームだけに1枚エースである成美の石原の 出来がカギか。  第2試合は神宮大会王者の沖縄尚学に勢いに乗る豊川が挑む。  第3試合は佐野日大・田嶋と明徳義塾・岸という好投手同士の 対戦になるのだが、2回......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:718
  • 累計のページビュー:15157351

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss