スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2010年08月

ようやくサッカー日本代表の監督決まる

 南アフリカW杯でベスト16に入った日本代表の後任監督にイタリア人のアルベルト・ザッケローニ氏の就任が決まり、記者会見が今日あった。  98年のフランス大会後はアーセン・ベンゲルの推薦でフィリップ・トルシエに すんなり決まり、02日韓大会後はファイナルが終わった直後ぐらいに川淵三郎氏がジーコ監督就任を発表していたし、忘れもしない06ドイツ大会後は同じく川淵氏がワザとらしく‘オシム’と洩らす失......続きを読む»

格闘界の偉人が またもや

 元プロレスラーの山本小鉄氏が亡くなったという記事を昨日のニュースで知った。  死因は低酸素性脳症という事らしいが68歳とは あまりに早過ぎる死だし柔道のアントン・ヘーシンクの訃報に続く2日連続で悲報が流れる形となった。  山本小鉄といえば我々は星野勘太郎と組んだヤマハ・ブラザースを思い出す。  スキンヘッドに白いショートタイツを穿いて小柄ながらファイト溢れる戦いぶりを見せていたしタイガ......続きを読む»

アントン・ヘーシンク死去

 今日のニュースで東京五輪柔道無差別級の金メダリストのアントン・ヘーシンクが亡くなったという事を知った。  先日まで元気そうにしていたので驚いている。  ヘーシンクといえば東京五輪で日本の神永昭雄を袈裟固めで一本勝ちして日本が最も取りたかった無差別級の金メダルを持っていったある意味‘仇敵’ というイメージがあったが、今にして思うとメキシコで一旦柔道競技が五輪からはずれたもののミュンヘンから......続きを読む»

‘ハイサイおじさん’自粛に怒る

 先日 夏の甲子園で春夏連覇を決めた興南の応援団から沖縄代表独特の応援ソングであるハイサイおじさんのテーマが あまり流れ なかったので不思議に思っていたら高野連から自粛せよと通達が あったらしい。  なんでも酔っ払いの歌だから歌詞が高校野球の応援に相応しくないという投書が新聞に寄せられたのがきっかけらしいのだが・・・・・  まったく下らない話である。  愛読書のNumbe......続きを読む»

スワローズ復活の理由の1つは・・・・・

 今日 神宮球場で行われたスワローズ対ベイスターズ戦でスワロー ズが 7-6で競り勝ち4月11日以来の+1とした。  一時は-19という2桁の負け越しとなり責任を取って高田繁監督が 辞任、小川淳司が代行監督に就任した時は ここまで盛り返せるとは思わなかった。  伊勢孝夫氏がコーチに就任したとか、新しく加入して4番に座った 外国人打者のホワイトセルが打ちまくっているなどという話が まこ......続きを読む»

競泳パンパシフィック選手権の報道に ついて

 夏の甲子園での盛り上がりを尻目に盆明けからカリフォルニア州のアーバインで競泳のパンパシフィック選手権が行われていたのだが、04アテネ&08 北京五輪の男子平泳ぎで共に2冠を達成した北島康介が100mと200mの両種目で優勝し復活を印象付けた。  とはいえ日本が今回獲得した金メダルは北島の2つのみで、他には松田丈志や昨年の世界選手権の100m背泳ぎの金メダリスト・古賀淳也らがメダルを......続きを読む»

‘暑すぎる’夏の甲子園に ついて

 今年の夏の甲子園は興南が沖縄勢として夏の大会での初優勝を 果たすと共に、史上6校目の春夏連覇を達成して終わった。  東西の横綱同士の対戦とも思われる興南と東海大相模の対戦は 本来なら好ゲームが期待されたものの、相模のエースである一二三が3連投となり明らかに疲弊していた。  だからか打順が2回り目となった4回に興南打線から掴まり守備の ミスもあったが一挙に7失点するなどゲームが壊れ......続きを読む»

祝!興南 春夏連覇達成

 今日行われた全国高校野球選手権大会のファイナルで興南が東海大相模に 13-1で圧勝して夏の甲子園で沖縄県勢として初優勝を 飾ると共に、史上6校目の春夏連覇を果たした。  アメリカ軍統治下だった1958年に首里が初出場して以来52年目の悲願達成だし、90年・91年に沖縄水産が2年連続で準優勝してから19年目にして夏の初優勝となった。  故・栽弘義監督がなしえなかった偉業を68年に興......続きを読む»

2010夏の甲子園・最終日:ファイナル

 ファイナルの組み合わせは興南対東海大相模。  春夏連覇がかかる興南と40年ぶりの優勝を目指す東海大相模という華のあるカードになった。  共にエースの島袋と一二三という好投手を擁し強力な打線を持っている似たもの同士のチームだが、ここ2試合は両投手とも疲れからか 5点前後の失点をしているのが気にかかる。  だから両チームの打線が どこまで援護できるか。  2000年以降夏のファイ......続きを読む»

2010夏の甲子園・第14日:Sファイナル

 大会も残り2日間。  ベスト4は優勝経験校の報徳学園と東海大相模にベスト4経験校の興南と成田という珍しい4校で、更に優勝経験校とベスト4経験校が対戦するのだ。  第1試合はベスト4に唯一残った2枚エースチームの報徳学園が選抜優勝の興南に挑むのだが、島袋は中1日休んでいるとはいえ一昨日は聖光学院から 3失点しているので機動力を武器にする報徳の攻撃を考えれば3点は覚悟しないといけないだろ......続きを読む»

2010夏の甲子園・第13日:QファイナルPart 2

今日でベスト4が出揃う。   第1試合では九州学院の打線が相模の一二三を どこまで打てる かがカギ。  3試合を1人で投げ抜いてきた九学の渡辺に対し相模は2回戦から出てきているためピッチャーの疲労度を考えると相模が有利か。  第2試合は共に継投策で勝ち上がってきたチーム同士。  昨夏の準優勝で意気上がる新潟代表の新潟明訓が伝統校の報徳学園に挑む形だが、点の取り合いになると明訓に......続きを読む»

2010夏の甲子園・第12日:QファイナルPart 1

 いよいよ今日からベスト8が激突するQファイナル。   関東勢同士の対決となった第1試合は成田の中川と強打の関東一打線の激突となるが、昨日も北大津打線に打たれて5失点の中川が関東一打線をどこまで抑えられるかが最大の焦点だろう。  第2試合は春の王者の興南に広陵・履正社といった強豪のブロックを勝ち上がってきた聖光学院が挑む。  こちらも連投の島袋を聖光打線が攻略できるかという興味と共に......続きを読む»

2010夏の甲子園・第11日

  この日でベスト8が出揃う。  今日出場の8校は いずれも1回戦からの登場組だから、勝つだけでなくいかに消耗を避けて勝つかというのがテーマになる。  第1試合は成田の好投手・中川を今大会好調の北大津打線が どう打つか。    第2試合は東京勢同士の対戦となったが早実の鈴木を関東打線が いかに打つかが焦点になるだろう。  過去2回の対戦は いずれも東東京代表が勝っている。 ......続きを読む»

2010夏の甲子園・第10日

 3回戦が始まり2日間でベスト8が決まる。  ベスト16初日は第4試合の九州学院以外2回戦から登場したチーム同士の4試合になる。  第1試合は初戦を突破したものの3失点した東海大相模の一二三を初戦で16 安打を放ち15点取った土岐商打線が どう捉えるか?  土岐商打線の真価が問われる1戦となる。  第2試合は念願の初戦突破を果たした履正社打線が初戦で広陵を完封した聖光学院の......続きを読む»

2010夏の甲子園・第9日

 今日でベスト16が決まる。  第2試合で春夏連覇を狙う興南が登場し強敵の明徳義塾と対戦 する。  複数の投手を使って目先を変える明徳の投手陣が興南打線を抑えられるか?  第1試合では2枚看板を擁している報徳学園が福井商の挑戦を受 ける。  福井商打線が2枚看板を打ち込めるか?  第3試合は初戦で劇的な勝ち方をした両チームの対戦だが、9回 2アウトから逆転した育英が......続きを読む»

2010夏の甲子園・第8日

 第1試合は初戦の常葉橘戦で18安打11点を挙げた北大津打線が 初戦で宇和島東の‘牛鬼打線’を完封した前橋商の左腕・野口に 挑む。  前橋商は戦後夏に出場すると必ずベスト16に進出しているの だが・・・・  第2試合は共に強打の遊学館と関東一の対戦で、関東一の白井のできがカギを握ると思われる。  第3試合は南陽工に辛勝した連覇を狙う中京大中京と、初戦で完封勝ちした早実の対戦だ......続きを読む»

2010夏の甲子園・第7日

 今日で49校が出揃うのだが第1試合は昨年旋風を巻き起こした日本文理に勝って出場した新潟明訓が試合巧者の京都外大西に挑む。  ただ京都外大西は84年に同じ7日目に新潟南からサヨナラ負けたり、 04年には初戦で日本文理に勝ったものの2-1と手こずっているので楽観はできない。  第2試合は秋田県勢 夏の大会初戦11連敗を能代商が止められ るか?  対する鹿児島実は好投手2枚の継投に強力打......続きを読む»

2010夏の甲子園・第6日

台風の影響で試合開始が1時間遅れだけで4試合が行われた。  第1試合は過去2度の出場で甲子園勝利のない土岐商と八頭が 03年に自ら初戦を突破して以来初戦敗退続きの鳥取県勢の連敗を 止められるか。  第2試合は3年前の3回戦で対戦して以来の再戦だが この時は8-2で広陵が勝っているので聖光学院の雪辱なるか。  広陵は選抜ベスト4のジンクスを破れるか。  第3試合は近畿勢......続きを読む»

2010夏の甲子園・第5日

 今日の第3試合から2回戦になるが選抜で優勝候補筆頭と言われ ながら初戦で敗れた東海大相模が登場、横手投げに変えた一二三が初出場校の水城相手に どんなピッチングを見せるか?  第1試合は九州対決で大分工の好投手・田中に延岡学園が挑むのだが口蹄疫の問題で実戦不足の延岡が、どこまで田中を打てる のか?  延岡は初出場の78年に初勝利を挙げて以来 春も含めて初戦6連敗中だ。  第2試......続きを読む»

2010夏の甲子園・第4日

 4日目は第4試合に選抜優勝の興南が登場し鳴門相手の初戦を 迎える。  実力的には興南有利だが7月18日に代表を決めた試合以来なので実戦カンの鈍りが どう出るか?  第1試合は報徳学園が初出場の砺波工を相手に どういう初戦を 戦うか?  98年に報徳は富山商に‘まさか’の逆転負けを喫している。  第2試合は北野監督ラスト采配の福井商が、いなべ総合の挑戦を 受ける。  ......続きを読む»

2010夏の甲子園・第3日

大会3日目は連覇を狙う中京大中京が昨年の選抜でPLを破るなど ベスト8に入った南陽工と対戦する好カードが第1試合にある。  その岩本を中京打線が どう打ち崩すか?  第2試合はハンカチ王子・斉藤佑樹で優勝して以来の早実が3年 連続出場の倉敷商の挑戦を受ける。  更に長崎&佐賀の西九州勢が昨年に続いて再び3日目の第3・第4試合で登場、今年の相手は何と南北北海道勢になっているとい......続きを読む»

2010夏の甲子園・第2日

 今日から3日間4試合日が続く。  第1試合は昨年2勝したメンバーが残っている常葉橘に北大津が どう挑むか?  第2試合は11年ぶりに復活した‘牛鬼打線’の宇和島東だが夏の 成績が今ひとつなのに対し初戦の勝率が高い前橋商の対戦。  第3試合は打てるチーム同士の対戦だが、一関学院が昨年活躍した花巻東に続いて岩手県勢の力を示せるか?  第4試合は関東勢同士の対戦だが......続きを読む»

2010夏の甲子園・第1日

 今日から今年の夏の甲子園が始まった。  初日の注目は第2試合の成田-智弁和歌山戦。  唐川2世と呼ばれる成田の中川と強打の智弁打線の対決が見ものだが智弁は当初 千葉県勢には成東・拓大紅陵に連敗したものの、最近は柏陵・東海大浦安・木更津総合相手に3連勝中だ。  第1試合は九州学院が松商学園に勝って初出場の松本工の挑戦を受ける。  力的には九州学院が上だが11年前の開幕戦で九州学院......続きを読む»

親方理事長で公益法人剥奪がいいのか?

 今日の朝刊に謹慎中だった日本相撲協会の「武蔵川理事長が辞任を表明」と載っていたのだが、夕刊には「理事長を続投」と正反対の 記事が載っていた。  どうやら武蔵川理事長が辞任なら外部からの理事長が就任する 可能性が高いので、それを避けたい連中との駆け引きがあると思わ れる。  とはいえ武蔵川氏が名古屋場所中に体調不良で入院した理由が胃ガンの手術を受けるためという事が判明しているので......続きを読む»

2010夏の甲子園 組み合わせ決まる、ベスト8は

 今日16:00から夏の甲子園大会の組み合わせ抽選会が行われ、3回戦までの組み合わせが決まった。  今年の夏は選抜優勝の興南の春夏連覇と昨年夏優勝の中京大 中京の夏連覇なるか?というのが当面の興味でもあるし、今年の選抜で優勝候補筆頭と言われながら初戦で敗れた東海大相模が どこまで盛り返すかという見どころもある。  07年から東西対抗を廃止してフリー抽選にしたおかげで今年も天理-履正......続きを読む»

‘元祖沖縄の星’上原康恒の戴冠から30年

 今から30年前の今日80年8月2日は‘元祖沖縄の星’と言われた上原 康恒がデトロイトで10度の防衛に成功していたサムエル・セラノを6RでKOしてWBA:Jライト級王者になった日である。  当時‘もろに敵地ではないとはいえデトロイトで勝つのは厳しいし、 ましてや上原のライバルで日本屈指のテクニシャンと言われたバトルホーク風間が完敗しているので無理だろう’という予想を見事に覆しての勝利だっ......続きを読む»

第92回全国高校野球選手権大会出場校決まる

今日行われた第92回全国高校野球選手権大会の大阪府予選決勝で履正社が大体大浪商に3-0で勝ち、全49校が出揃った。  履正社は甲子園の実績こそ08年の春に下関商に勝っただけだが、予選でPL 学園や近代付にも勝っているので実力はあると思う。   さて今大会の注目は何といっても選抜優勝の興南の春夏連覇なるか?や中京大中京の夏連覇なるか?というのが話題になるだろう。   今年の選抜ベ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:918
  • 累計のページビュー:15118327

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss