スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2010年06月

岡田ジャパン敗退・ベスト8ならず

 昨夜プレトリアで行われたW杯決勝トーナメント1回戦で岡田ジャパンはパラグアイと対戦し延長の末 引き分け、PK戦で敗れてベスト8進出はならなかった。  試合はパラグアイが攻め日本が必死に守って時折カウンターアタックを仕掛ける展開で試合が進み、両チームとも何度か決定的なチャンスを迎えるものの守備陣の踏ん張りなどで0-0の引き分けとなる。  PK戦になると親善試合のイングランド戦や先日の......続きを読む»

日本は受けて立ってはいけない

 02日韓大会以来の決勝ラウンドに進み、いよいよ初戦でパラグアイと戦う岡田ジャパンだがグループステージ最終戦のデンマーク戦では引き分けでも勝ち抜きだったものの攻めて勝ちをもぎ取った感じだった。 ‘日本には守備の文化がない’とは02日韓大会の時の監督だったフィリップ・トルシエの名言で、大会前に日本のメディアは岡崎や玉田などをはじめ ‘誰をFWで使うか?’という事ばかり話題になったが、中澤と闘莉......続きを読む»

もはや相撲協会の公益法人資格剥奪しかない

 野球賭博問題で世間を騒がしていた日本相撲協会が外部有識者による 特別調査委員会の勧告を受け入れて、名古屋場所を開催する 事になった らしい。  そして大関の琴光喜と大嶽親方が除名もしくは解雇される他、賭博に関与した力士達は休場する事になったのだが・・・・・  これでは大相撲どころか小相撲壊滅場所ではないか!  そもそも朝青龍が巡業をさぼってサッカーに興じたり場所中に泥酔 ......続きを読む»

日本対パラグアイといえば

 6月24日にデンマークに快勝して決勝トーナメントに進んだ岡田ジャパンの対戦相手はパラグアイ。  ブラジルやアルゼンチンに比べれば南米の小国なので組し易しと 思う方々がいてもおかしくないが、これが かなりの強敵だ。  なにせブラジルやアルゼンチンという南米の2大国を相手に常に 戦っているため相手の弱点を徹底して付いてくるし、日本などが苦手にしている狡猾さも凄い。  パラグアイと......続きを読む»

本当に魁皇が日本人最後の大関に・・・・

 最近話題の大相撲の野球賭博問題で聞くところによると最初に名前が出た大関・琴光喜が解雇される事が濃厚なようだ。  面白いのが野球賭博で名前が出るのは日本人力士ばかり。    考えてみればモンゴル勢やヨーロッパ勢の外人力士は野球に興味がないだろうから引っかかってないのだろうが、そうなると例え名古屋場所が開催されても名前が出た力士は出場停止だろう。    そうすると外人力士天国に拍車がかか......続きを読む»

岡田ジャパン快勝でグループステージ突破!

 今日の未明にルステンブルグで行われたグループステージ最終 戦で日本はデンマークに3-1で快勝しグループ2位で決勝ラウンド 進出を決めた。  勝たないとダメなデンマークに対し引き分けでもいい日本の立場の違いが影響したのか立ち上がりからデンマークに押し込まれるが、 17分に本田圭佑・30分に遠藤保仁の2つのFKでリードを奪うと後半にトマソンのPKを一旦止めたこぼれ球を押し込まれて1点返......続きを読む»

まだ夢を見られる幸運を喜ぼう

 いよいよW杯のグループステージ最終戦のデンマーク戦が明日未明の3:30にキックオフされる。  巷で言われているようにデンマークに勝つか引き分けでグループ ステージを勝ち抜けるのだが、デンマークも出場した過去3度の大会では全てグループステージを突破しているので厳しい戦いになるのは十分予想できる。  とはいえ開催国だった02年を除き過去2回のグループステージ最終戦は意地を見せるべき戦......続きを読む»

醜態をさらしてフランスは去る

 W杯のグループステージも最終戦に入り決勝ラウンド進出チームとグループステージ敗退チームの明暗が分かれる黄金の4日間に突入した。  昨日行われたグループAの最終戦で共に大量点を取って勝たないと敗退が決まる開催国の南アフリカと前回準優勝のフランスの対戦は、南アフリカが 2-1で勝って決勝ラウンド進出こそならなかったが有終の美を飾った。  まさかの最下位に沈んだフランスが話題になったのは......続きを読む»

日本-オランダ戦の視聴率伸び悩みは当然

 高視聴率を期待された6月19日に行われた日本-オランダ戦の平均視聴率が、平均43%で意外に伸びなかったとしてTV朝日関係者が ガックリきているという記事がスポーツ紙に掲載されていた。  大会前から精彩のない試合ぶりを続けていた日本が14日に行われた初戦のカメルーン戦を1-0で勝ち一気にムードが上昇し、2試合目のオランダ戦は優勝候補相手の試合でキックオフも日本のゴールデンタイムにあたる20......続きを読む»

またしても先送りとは・・・・

 大相撲が野球賭博問題で大変な事になっていて、名古屋場所が開催できるかどうか世間の大きな注目を集めている。  一応は開催の方向らしいが、正直言ってごまかしの末という感が 強いのだ。  元NHKアナの杉山氏が言うには明後日までには開催するかどうか ハッキリしないといけないというのに、理事会の判断は7月4日に正式な判断をするというもの。  これでは問題の先送りという感じで、調査はい......続きを読む»

今度こそ‘絶対に負けられない’決戦

 今日の未明に行われた日本が入っているE組のグループステージのもう1試合:カメルーン対デンマーク戦は2-1でデンマークが逆転勝ち して勝ち点を3として日本に並んだが、得失点差が日本が0なのに対しデンマークは-1なので日本が2位となっている。  という事は24日の最終戦のデンマーク戦は引き分けでもOKとなった。  オランダに負けたのは残念だが例えば最後の闘莉王の落としたボールを岡崎が......続きを読む»

オランダに敗れたのは残念だが・・・・・・

 初戦をカメルーン相手に1-0で勝って迎えた岡田ジャパンは、第2 戦でオランダと対戦し53分にスナイデルのミドルシュートで失った1点を返せず0-1で敗れ1勝1敗になった。  OAしたTV朝日やBS-1でも決戦ムードを煽っていたが、正直言って決戦は最終戦のデンマーク戦。  下手に全力で勝ちに行って昨年9月のように0-3などで敗れるとデンマーク戦へのムードも悪くなるので何としても引き分けて、......続きを読む»

全試合地上波 & BS中継がない今回のW杯

 サッカーW杯もグループステージが2巡目に入り、早くも決勝ラウンド進出を決めた国や敗退が濃厚になった国が出るなど明暗が分かれ 始めている。  我が家でBSが見られるようになったのは94年からで、この年はアメリカW杯の全試合を生観戦したのに対し今年はCSに加入してないので日本時間 3:30キックオフの試合は地上波&BSでは殆ど中継がないので生観戦してないのだ。  ただCSに加......続きを読む»

オランダ戦はターンオーバー制を採用するべき

 14日の初戦でカメルーンに1-0で勝った岡田ジャパンだが、いよいよ 19日に行われる2試合目はグループE最大の強敵であるオランダとの対戦になる。  02年の日韓大会でグループステージを2勝1分で突破した時の監督だったフィリップ・トルシエは‘オランダ戦はメンバーを替えて臨みデンマーク戦に勝負をかけるべき’と言うコメントしているが、いわゆるターンオーバー制で残り2試合を戦うべきという意見は意外......続きを読む»

4年前の悪夢は払拭できた

 昨夜行われたW杯の初戦で岡田ジャパンはカメルーンに本田圭佑の ゴールで挙げた1点を守りきり1-0で初戦を飾った。  今年の4月まで岡田武史監督は中村俊輔をチームの中心に据えたパスサッカーでW杯に挑む方針だったようだが、ケガを抱えた中村 俊輔の調子の悪さもありチームは停滞どころか低迷し とてもじゃないがパスサッカーで勝負に行ったら3連敗間違いなしという雰囲気だった。  よくしたも......続きを読む»

勝てなくても負けてはいけないカメルーン戦

 いよいよ今日の23:00から2010サッカーW杯南アフリカ大会で岡田 ジャパンの初戦であるカメルーン戦が始まる。  イビチャ・オシム監督が病気で倒れ急遽 後任監督に就任した岡田 武史監督が作り上げた岡田ジャパンの集大成というべき一戦だし、 就任して以来 強化を積み上げた日々の審判が下る一戦でもある。 ‘小よく大を制す日本人らしいスタイル’というのをコンセプトにチームを作り上げ......続きを読む»

BS中継はパ・リーグ中心

 今年も今日でセ・パ交流戦も終わりだが、交流戦が行われている 間に意外な事に気が付いた。  それはBS中継がパリーグ主催試合の時の方が多いのだ。  現在我が家はBSはNHKだけでなく民放のBSも見る事ができる。  一番多いのは何といってもNHKのBS-1で1週間に4試合ぐらいは 中継してくれるし、ジャイアンツ戦を中心にハイビジョンでの中継も ある。  民放では当然なが......続きを読む»

やはりフランスは厳しいか・・・・・

 いよいよ2010サッカーW杯が昨日開幕し開催国の南アフリカが 入ったグループAから試合が始まったのだが、実質グループAの シード国であるフランスがウルグアイと0-0で引き分けスタートとなった。  元々フランスはヨーロッパ予選で苦戦し辛うじてプレーオフに回ったもののアイルランド相手にアンリの‘神の手’で出場権を取るなど決して評判はよくない。  更にフランスの評判を落としているのが......続きを読む»

‘世界を驚かせる’にも2種類あって

 いよいよ明日からW杯サッカーが開幕するのだが、岡田武史監督 率いる日本代表の初戦まで あと4日である。  岡田監督は病に倒れたイビチャ・オシム監督を引き継いで就任した時に‘世界を驚かせたい’と抱負を語っていたが、その言葉とは裏腹にアジア予選からの戦い方には‘?’が付き特に今年に入ってからの評判は凄く悪い。  実は‘驚く’という言葉にも2種類あるのだが・・・・・  今から3......続きを読む»

仁志敏久選手お疲れ様でした

 今日ネットを開くとアメリカの独立リーグでプレーしていた元ジャイ アンツの仁志敏久が引退を表明したらしい。  昨シーズン終了後に横浜を退団してMLBへの挑戦を表明したものの手を上げるチームがなかったため独立リーグでのプレーを選んだが、右太股痛が完治しなかったのが原因のようだ。  170㌢と決してサイズ的には恵まれなかったがファイト溢れる熱さと、相手打者のクセなどを熟知して頻繁に守備位......続きを読む»

大事なのは視聴率より観客動員

 早いもので日本武道館を満員札止めにしたバンタム級王者同士の ビッグマッチだった長谷川穂積-フェルナンド・モンティエル戦から 1ヶ月以上経ったが、今でもボクシング好きの方々とは その試合の 話で持ち切りになっている。  ただし残念な事に長谷川-モンティエル戦は視聴率的には伸び 悩み 2桁を越えなかったらしい。  一方で3月に行われた亀田興毅-ポンサクレック戦は1万人収容の有......続きを読む»

さて さて 亀田の対戦相手は 誰になるのか?

 7月25日に井岡一翔の試合と亀田兄弟の2人のトリプル前哨戦を行うというのが先日発表された。  特に亀田興毅は3月27日にポンサクレックに完敗し王座陥落して 以来の試合になるのだが、噂によるとメキシコ人が対戦相手になるというのでどんな相手になるのか大いに興味がある。  基本的に これまでの亀田興毅の対戦相手としては、あからさまな 噛ませ犬としか思えない相手が多く実力の程が今ひとつ分......続きを読む»

そこまでして視聴率に拘りたいのか!T○S

 昨日行われたW杯前の最終調整試合の日本-コートジボアール戦で岡田ジャパンはコートジボアール相手に0-2で完敗したのだが、TV 観戦している最中に不思議に思ったのは試合開始時間。  日曜日のイングランド戦は日本時間の21:15にキックオフされていたのに今回は19:20キックオフというのには違和感があった。   19:20というのは現地では12:20で、かなり暑い中での試合になる。 ......続きを読む»

点が取れる気がしない岡田ジャパン

 今日行われたW杯前最後の試合で岡田ジャパンはコートジボアールと対戦し13分にイングランド戦に続く闘莉王のOGで先制されただけでなく攻撃の形を作れずシュートは2本のみ。  後半に入ってもパスは回るものの得点の雰囲気はなく、80分に右FKから追加点を挙げられ0-2で敗れた。  W杯前の調整試合で勝敗よりテストが目的とはいうものの、ここまで点が入る雰囲気がしないのは珍しい。  どんな試......続きを読む»

この期に及んで4-5-1?

 今日のスポーツ紙に4日に行われる調整試合のコートジボアール 戦ではイングランド戦で採用して上手く行った4-1-4-1システムでは なく、韓国戦までやっていた4-5-1システムで臨むというもの。  どうやらケガから復調してきた中村俊輔と本田圭祐を同時に起用するためのシステムらしいが、個人的には‘この期に及んで・・・’という 感が否めない。  岡田監督は これまで事あるごとにコンセプ......続きを読む»

斎藤佑樹は大騒ぎするほどの投手か?

 昨日行われた東京六大学の勝った方が優勝を決める早慶戦の最終戦でエースの斎藤佑樹が先発したものの、入学以来最短の3回で降板しチームも4-6で敗れて優勝を逃したのだった。  最上級生の4年になってキャプテンになった斎藤だが、今シーズンも1・2年の頃のような凄みが見られず今ひとつのデキで早慶戦の初戦でも負け投手になっていた。  ここで思うのだが、斎藤佑樹はマスコミが大騒ぎするほどの投手 ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:1131
  • 累計のページビュー:15112061

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss