スポーツ えっせい

月別アーカイブ :2010年02月

バンクーバー五輪16日目:女子スピードスケート有終の美

 日本関連の試合は今日が最終日。  今日の最大の見所はスピードスケートの団体追い抜きで、韓国との初戦に勝って準決勝に進出した日本はポーランドとの対戦が決まっていた。  実は大会前の日本のランキングは3位で、準決勝では2位のロシア との対戦が予想されていたのだがロシアが初戦でポーランドに敗れたためランクでは下のポーランド戦となっていた。  更にランク1位のカナダも初戦でアメリカに敗れた......続きを読む»

バンクーバー五輪15日目:日本ショートトラックの落日

 今日はショートトラックの最終日。  昨日 女子フィギュアスケートのフリーに沸いたパシフィックコロシアムで男子500mと女子1000mに男子リレーが行われた。  日本からは男子は吉沢純平が、女子は小沢美夏が準々決勝に進出していたものの予想通り準決勝にすら残れず日本選手は参加した男女合わせて7種目全てで準決勝に勝ち残れずに入賞もゼロという歴史的惨敗を喫した。   大会前から予想されてい......続きを読む»

バンクーバー五輪14日目:浅田真央 惜しくも銀

 今日パシフィックコロシアムで行われた女子フィギュアのフリーで、 SP2位だった浅田真央は女子で史上初のトリプルアクセルを2本跳んで成功させSPと並んで3度とも成功させるという快挙を演じたものの、中盤以降のジャンプミスが響き銀に終わった。  ただし直前にSP1位の金妍児が ほぼパーフェクトな演技をしたのでトリプルアクセル2本と全ての演技を完璧に行わなければ逆転はないと思っていたので中盤以降の......続きを読む»

ノルディック複合が お家芸?

 昨日行われたバンクーバー五輪のノルディック複合団体戦で、昨年の世界選手権で優勝していた日本はジャンプで4位につけたものの、クロスカントリーで途中まで善戦したが6位に終わった。  そして今日のスポーツ紙には‘お家芸復活ならず’などという見出しが載っていて思わず苦笑してしまった。   ノルディック複合が お家芸!・・・  確かに92年アルベールビルの団体で金を獲得し、2年後の94......続きを読む»

バンクーバー五輪12日目:五輪では順当な結果

 今日の目玉は昨年の世界選手権で優勝したノルディック複合団体戦と女子フィギュアスケートのSPが行われる。  これまで五輪では‘まさか’の展開での番狂わせが続出するケースが多かった。  ノルディック複合は昨年の世界選手権で幸運にも恵まれ団体戦で 優勝する事ができたが、本番の五輪でメダルを獲得できるのか?  女子フィギュアでも世界王者の金妍児がプレッシャーに負けずに 得意のSPで ......続きを読む»

長谷川穂積V11戦の相手はモンティエル: いよいよメジャーへのステップ

 昨年12月に10度目の防衛に成功しバンタム級卒業を示唆していた WBCバンタム級王者・長谷川穂積の相手がWBOバンタム級王者の フェルナンド・モンティエルに ようやく決まったようだ。  個人的にフェザー級への挑戦で2階級制覇を望んでいたのだが、WBOとはいえフライ級・Jバンタム級にバンタム級まで3階級制覇した強豪との王者同士の対戦なら大賛成である。  今年の1月に細野悟に判定勝ち......続きを読む»

バンクーバー五輪11日目:日の丸飛行体 表彰台に届かず

 今朝ウィスラーで行われたジャンプLHの団体戦で伊東大貴・竹内択・栃本翔平・葛西紀明のメンバーで臨んだ日本は5位に終わった。  07・09年の世界選手権で2大会連続3位に入った団体戦は個人的にもメダルが狙えると思っていただけに残念だが、参加12か国中6番スタートという事でランキングは7位という事を考えるとスロベニアやポーランドより上の5位に入ったのは健闘と言えるかもしれない。  や......続きを読む»

バンクーバー五輪10日目:小平奈緒は日本Sスケート界の宝

 今日オリンピックオーバルで行われたスピードスケート女子 1500mで、13組目に登場した1000m5位の小平奈緒は1:58:20 のタイムで トップに立ち結局3位とは0秒28差の5位に入賞した。  1500mでの入賞は92アルベールビルで橋本聖子が銅メダルを 獲得して以来だ。  そして小平の1000mに続く入賞は日本スピードスケート界に とっても希望が持てる内容なのだ。 ......続きを読む»

バンクーバー五輪9 日目:葛西紀明8位入賞だが・・・・・

 今朝ウィスラーで行われたジャンプのLHで優勝候補のシモン・アマンが 144mと138mを跳んでNHに続く個人戦2冠を達成し、W杯ランキング1位の実力を見せた。   期待された日本勢は悪条件の中で跳んで121,5mに沈んだ葛西紀明が2回目に133,5mを跳んで最終的に8位に入り、92アルベールビル 以来6大会連続入賞者を出したものの条件が悪かったとはいえ栃本翔平と竹内択は2回目に進めなかった......続きを読む»

バンクーバー五輪 前半戦を終わって

 今日でバンクーバー五輪が始まって1週間となる。  今日は日本人がらみではスケルトンの越和宏らの成績が どうなるかと、カーリングで日本がイギリスとの熱戦の末に第9エンドで一挙に 5点を挙げ11-4で振り切って2勝目というぐらいだった。  そこで前半戦を振り返ってみると  スピードスケートは男子500mで長島圭一郎が銀、加藤条治が銅と 2つのメダルを獲得。  これが大......続きを読む»

バンクーバー五輪7日目:高橋大輔 日本男子フィギュア悲願の初メダル

 今日パシフィックコロシアムで行われたフィギュアスケート男子シングルのフリー演技でSPで3位だった高橋大輔は果敢に4回転ジャンプに試み転倒したが、3回転半ジャンプなど連続で残りのジャンプ系を成功させ表現力でポイントを稼ぐ。  フリーは5位だったもののSPとの合計点で3位に入り、見事に日本 男子初の銅メダルを獲得した。  SPで3位スタートだった高橋大輔には個人的に2つの懸念があった。 ......続きを読む»

バンクーバー五輪6日目:Sスケート男子1000m惨敗

 今日は世間を騒がせた国母和宏が出場するスノーボード男子HPが注目されたけど、個人的には一昨日 銀と銅の複数メダルを獲得した男子スピードスケートの1000mに興味があった。  清水宏保が昨日の新聞の観戦記で ‘1000mにも強くないと勝てないのが2本揃える五輪の500m’と 記していたが、実際 中距離が本職の牟太釩が金で1000mの日本記録を持つ長島が銀、1000mを滑れない加藤が銅とい......続きを読む»

バンクーバー五輪5日目:男子フィギュア日本勢好発進

 今日から女子カーリングとフィギュアスケート男子シングルが 始まる。  いずれもメダルには かなり頑張らないと届かないが、取れれば大いに盛り上がる種目だから期待したい。  7:00から始まったカーリングの対戦相手はアメリカ。  メダル獲得のためには4位以内に入らないといけない。  単純計算でいけば9試合で3敗までしかできないが、2試合目から カナダ・中国・イギリスと強敵との3連戦な......続きを読む»

バンクーバー4日目:トラブルを乗り越えメダル奪回

 今日の注目は何といってもスピードスケート男子500m。  84サラエボから6大会連続でメダルを獲得していたのだが前回の トリノで及川佑の4位が最高とメダルを逃していたし、代りに李康奭が3位に入って これ以降一気に韓国が世界ランク1・2位を占めるなどトップに躍り出ている。  だから日本が今回メダルを取れないと500mまで世界のトップから 脱落する危険性がある五輪で、優勝候補は長島や加......続きを読む»

バンクーバー五輪3日目:入賞を喜びたい

 今日の注目はノルディック複合NHの個人戦。  昨年の世界選手権で団体戦では金を獲得しているので、個人戦はエースの小林範仁らの仕上がり具合を見る上で重要だと思っている ので できれば入賞して欲しいものだ。  そこで6:00に起きて3:00前からOAされてタイマー録画していたノル ディック複合NHのジャンプを見て、6:45から行われたクロスカントリーをライブで観戦。  ジャンプ得......続きを読む»

バンクーバー2日目、日韓で明暗分かれる

 今日からバンクーバー五輪の本格的な競技が始まったが、この日 最も期待された女子モーグルの上村愛子は予選を5位で通過し 決勝では最後の2人にかわされ4位に終わった。  最も心配されていた事が起きた。  というのもアメリカ大陸で行われる五輪はホームの大声援を受けるアメリカ&カナダ勢が予想以上に強く、実際8年前のソルトレイクシティ五輪の女子モーグルでも金:カーリー・トローと銅:里谷以外の上位は......続きを読む»

バンクーバー五輪 始まる

 開会式に先立って3:00ぐらいからジャンプNHの予選が行われたが、 W杯トップ10のメンバーは関係ないし日本の4選手の力からいって少 なくとも予選は通るだろうと思っていたのでタイマー録画にして朝食を食べながら早回し しながら見ていた。 とりあえず4人とも予選は通ったもののNHは99年世界選手権以降はLHに比べて苦戦続きだから、あまり期待できないし入賞すれば御の字だろう。  もっとも五輪......続きを読む»

明日からバンクーバー五輪

 いよいよ日本時間の明日からバンクーバー五輪が始まる。  大いに楽しみにしているのだが、始まる前の今頃がメダル予想など夢が見れて最も楽しい時期だ。  始まってしまえば嫌でも結果が出るので現実に引き戻されるの だが・・・・・  4年前のトリノは贔屓の引き倒しとも思える‘メダルラッシュ’ などという大会前の お気楽予想に懲りたのか、今回は そこまで騒いでないのが救いだ。  マス......続きを読む»

マイク・タイソンが敗れた日に朝青龍を想う

 今から20年前の今日90年2月11日は東京ドームで行われた統一 世界ヘビー級タイトルマッチで絶対王者といわれたマイク・タイソンがジェームス・バスター・ダグラスに まさかのKO負けを喫した日である。  ほぼ2年前に同じ東京ドームでトニー・タップスを あっさりと2Rで倒した無敵のタイソンが まさかダグラスに敗れるとは思わなかったので、当時の衝撃は今でも忘れられない。  そしてタイソン......続きを読む»

亀田兄弟は 何処へ行くのか?

 7日に首尾よくWBAフライ級王者のデンカオーセンに判定勝ちし、 WBC王者の興毅に続いて兄弟でフライ級を制した亀田大毅だが 試合前から憂慮されていたように減量苦を理由に返上する可能性が高く なっているようだ。   基本的に亀田兄弟の試合は数ヶ月前から‘○○とやる’とアドバルーンを上げまくるのだが、兄の興毅の試合すら全く試合をする気配がないのも気になる。  まずは兄の興毅。  ......続きを読む»

ニューオリンズ スーパーボウル初制覇

 今日マイアミで行われた第44回スーパーボウルで、試合前の 予想では不利と言われたNFC王者のニューオリンズがAFC王者の イン ディアナポリスに31-17で逆転勝ちしスーパーボウル初出 場で初優勝を飾った。  第1シード同士の対戦で共にQBを中心にした強力オフェンスを武器にする両チームだが、3年前に同じマイアミでスーパーボウ ルを制覇したインディアナポリスが有利だという予想だった。 ......続きを読む»

兄弟王者の誕生を喜びたいが・・・・・

今日 神戸で行われたWBAフライ級タイトルマッチで亀田大毅が王者のデンカオーセンに3-0の判定勝ちで新王者になり、兄の興毅との兄弟世界王者になった。  試合中デンカオーセンは2度の減点を取られ、終盤はスタミナ切れ したようで明らかにペースダウン。  それに乗じて的確にパンチをヒットし判定勝ちとなったのだが・・・・  正直言って世界戦とは程遠いレベルの試合だった。  王者......続きを読む»

そういえば明日は亀田次男の世界戦

 早いもので昨年10月に行われたWBAフライ級タイトルマッチ:デンカオーセンと亀田次男のリターンマッチが明日行われるのだが、昨年11月に行われた内藤大助と亀田長男の試合に比べて御用メディアですら扱いが随分小さいし影の薄い世界戦となっている。  正直いって昨年10月に行われた試合を見た限りでは盛り上がるとは思えないし、亀田が勝つとも思えないのだ。  第1戦を見ていると亀田を甘く見た王者......続きを読む»

スーパーボウルはインディアナポリス有利?

 いよいよNFLのスーパーボウルが3日後に迫っている。   今年はAFCのインディアナポリスとNFCのニューオリンズという、それぞれの第1シード同士の対戦となった。  面白いのが共にレギュラーシーズンを13連勝したものの、後半に失速したと思いきやプレーオフになって盛り返したチーム同士。    最近の傾向として一昨年のNYジャイアンツのようにシーズンの終盤から勢いを付けてプレーオフに臨んだ......続きを読む»

朝青龍ついに引退!

 今日の夕方ニュースを見ていたら‘朝青龍引退’と出ていたので驚いたと共に‘来るべきものが来たか’と思った。  先日も記したようにプロボクサーが例え酔った勢いでも試合以外で相手を殴ると犯罪になるが、力士も然りで今回の朝青龍のように泥酔していても一般人を殴る事自体が犯罪になると思っていた。  だから朝青龍の今回の事件は07年に巡業をさぼってモンゴルに無断帰国してサッカーに興じていたのとは......続きを読む»

相撲界は何を考えているのか・・・・・

 2月1日に行われた理事選挙で貴乃花が当選したのに対し、元・旭国の大島親方が落選した立浪一門が反省会と称して貴乃花に入れた者を炙り出す暴挙を行った結果 安治川親方が自ら名乗り出て親方廃業を告げたそうだ。  まったくバカげた話で‘イマドキこんな事をやっているのか’ と驚くと同時に‘これでは貴乃花の言う改革は ほど遠い’と思える。  そもそも選挙とは自分の投票したい者に入れるのが当たり......続きを読む»

サッカーファンも大人になっている

 今日 大分の九石ドームで行われたホームでの岡田ジャパンの今年 最初の試合のベネズエラ戦だったが、例によってチャンスは作るが 得点できないという展開で0-0の引き分けに終わった。  まぁオフ明けだし今年最初の試合という事で失望はしないが、不甲斐ないと怒る気もしない。  基本的に2月の代表戦のできが悪いのはトルシエ・ジャパン以前から の恒例だから仕方ない。  TVで見ると会場は空席......続きを読む»

貴乃花 理事当選

 今日行われた日本相撲協会の理事選挙で劣勢を覆して二所ノ関 一門を離脱して理事に立候補した貴乃花親方が、10票を集めて理事に当選した。  そもそ一門離脱というのは相撲協会の根幹を脅かす事として当初は貴乃花は反逆児扱いされ、他の一門が露骨な締め付けを図るなど 一般常識から見ればロクでもない事を画策していたようだ。  ところが朝青龍の泥酔暴力問題で協会側の対応が鈍い事などから世間一般......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:1776
  • 累計のページビュー:15115685

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss