スポーツ えっせい

新興校が人気校になるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年の大学スポーツは箱根駅伝で青山学院大が史上6校目の4連 覇、ラグビーで帝京大が史上初の9連覇を達成したのが目立った。

 共に新興校による達成なので青山・原や帝京・岩出両監督の力量 が賞賛されるのだが、中には‘あれだけ予算を投入すれば’などと いうやっかみの声があるのも事実。

 どうしても東京六大学勢のような伝統校の壁を破るには潤沢な資 金を投入する必要があるし、人材的に恵まれないチームは有望な外 国人留学生を入れて強化するわけで普通にやっていては好素材の選 手達は伝統校に持って行かれるのだから仕方ない。

 こういった世間の雑音を捻じ伏せるには世界を相手に通じる勝ち 方ができるのかという事になるのではないか。

 最初は新興校ゆえのハンデを克服するために外国人留学生を入れ たり潤沢な強化資金を投入する必要があるが、勝ち始めると好素材 の選手達も増えてくるため今度は勝ち方に注文が付き始める。

 すなわち勝ち続けていると負けられなくなり結果的に国内のみで しか通用しないスタイルに特化してしまうケースが多々あるわけで、 こうなると世間から雑音が湧き出てくる事になり下手すると勝って いるのに不人気で敵役になってしまう。

 駅伝でいえば箱根で勝っているので目立つわけだが最近のマラソ ンではトラックレースの延長のようになっている現在、箱根の花形 区間である山上りや山下りのスペシャリストを育てても仕方ないと いう事になる。

 そういう意味では優勝は逃したものの‘箱根が全てではない’と いうポリシーの下でスピードランナーの育成に拘る東海大の姿勢 には好感が持てるし、箱根駅伝が始まった時の理想である五輪の マラソンで金メダルを取れるランナーの育成を目指しているのが 分かる。

 ラグビーでも外国人留学生を中心にした強力FWのごり押しで 勝ち続けてもラグビー界の発展にはならないわけで、日本代表に どれだけ選手を送り込めるのかというのも重要になってくる。

勝つだけではなく国内のレベルアップにどれだけ貢献したかとい うのが使命になってくるわけで、そういった事を考慮せず‘勝てば いい’というスタイルに邁進していたら学校関係者にしか賞賛されな くなるだろう。

 という事で青山学院大や帝京大OB達の活躍には大いに注目して いきたいと思う。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラグビー
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第94回箱根駅伝チーム別総括~5位・東海大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

今年も高校ラグビー、ノーサイド【グラウンドから愛を込めて】

第94回箱根駅伝チーム別総括~4位・日本体育大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第94回箱根駅伝チーム別総括~3位・早稲田大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

今年の箱根予選会は地獄!?名門&常連7校が予選会出場により実質3枠を争うその他の大学!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

帝京大13点差を逆転しての9連覇達成【スポーツ えっせい】

走!!箱根駅伝!!往路編!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

【湘南校舎ラグビーフットボール部】全国大学選手権大会準決勝 vs帝京大【東海スポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:718
  • 累計のページビュー:15157351

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss