スポーツ えっせい

帝京大13点差を逆転しての9連覇達成

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日 秩父宮ラグビーで行われた大学選手権決勝で、帝京大が 21-20で明治大に勝ち前人未到の9年連続大学日本一に輝いた。

 試合は前半インターセプトからのTで明治が先制すると帝京も 5分後にT&Cで逆転、直後に明治もTで再逆転し更に26分にもT& Cで17-7として前半を終える。

 後半も45分に明治がPGを決めて20-7とリードを広げるものの、 ここから帝京が反撃し55分と67分にT&Cを決めて21-20とし最後 の明治の反撃を凌いで逃げ切った。

 ボール保持率は60-40で明治がリードし50分過ぎまでは完全に 明治ペースだったのだが、そこを凌いで相手反則からの切り返しで 2本のT&Cを奪って逆転したのだから帝京の底力を実感するもので リードを奪った後は明治を自陣深くに押し込んで逆転する雰囲気を 与えないままだった。

 明治にしてみると成功率90%を誇っていたSO堀米航平が6分の PGと8分&16分のコンバージョンという3つのプレースキックを外 したのに対し、帝京のSO北村将大も再三ゴロパンのキックミスが あったり9分には右WTB木村朋也が危険なプレーでシンビンで一時 退場になるなどミスは出た。    ただし同じミスでも挑戦者がミスをすると最後に響いて来ると いう当然過ぎる結末になったわけだし後半の帝京の2Tは1本目が 自陣ゴール前で明治のマイボールスクラムでコラプシング、2本 目も自陣ゴール前まで攻められながらノットリリースザボールの 反則から切り返してのもので明治にとってはもったいない失点で はあった。

 前半の両校の反則は帝京がオーバーザトップ、明治はノットリ リースザボールだったのだが、後半に入ると帝京の反則が減った のに対し明治は最後もノットリリースザボールのターンオーバー での試合終了だった。

 こうしてみると苦境に陥っても慌てず騒がず相手ミスから一気 に切り返してトライを取る勝負強さは王者のメンタリティ全開だ ったのに対し、明治は19年ぶりの決勝という事からか最後の20分 は疲弊していたようでボールを持っても自陣深い状況では敵陣に すら入れず大健闘ではあったが悔しい負けだろう。

 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラグビー
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

走!!箱根駅伝!!往路編!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

【湘南校舎ラグビーフットボール部】全国大学選手権大会準決勝 vs帝京大【東海スポーツ】

地区対抗大学ラグビー、決勝は札幌大対名古屋学院大【グラウンドから愛を込めて】

コーチングレポート~2018年もYOKOHAMA TKMをよろしくお願い致します。【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

第94回箱根駅伝チーム別総括~2位・東洋大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第94回箱根駅伝 復路〔評〕【ポラリス★スポーツ通信社】

Mizzou 4年ぶりSECロード勝利!昨年Final FourのSouth Carolinaを圧倒!ポーターJr.の復帰は!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

青学、東洋以外の大学も輝きを放った箱根駅伝'18 シード獲得&喪失の原因! 各大学の新体制の展望は!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:718
  • 累計のページビュー:15157351

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss