スポーツ えっせい

箱根駅伝4連覇を達成した青山学院に求められるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日から行われていた今年の箱根駅伝は前日の往路で2位だった 青山学院大が6区の山下りで往路トップの東洋大を逆転すると、8区 まで3区間連続で区間賞を取る快走を見せてリードを広げ最終的に 2位の東洋大に5分近い大差を付ける10時間57分39秒の大会新記録 で史上6校目の4連覇を飾った。

 今年の青山学院は出雲駅伝では東海大、全日本選手権では神奈川 大から敗れるなど4連覇へ黄色信号という雰囲気だったし、往路でも 東洋大が1区からの快走で優勝を逃していたので復路に全てをかける 形になっていた。

 もっとも6区には山下りのスペシャリストの小野田勇次がいて1位 とは36秒差だから逆転は可能だったし、8区にはエースの下田裕太を 起用しているので逆転優勝の可能性は十分にある。

 結果的に6区の15㌔過ぎで当然のように逆転しただけでなく52秒 差を付けて7区につなぎ、8区までに差を広げて逃げ切るという作戦 が見事に果たした事になった。

 見逃していけないのは往路の5区・山上りの最中に竹石尚人が2分 3秒あった東洋大との差を16㌔地点まで40秒まで縮めたものの、こ こで足の痙攣症状から立ち止まって屈伸をするなどトラブルが発生 したのを何とかこらえて最終的に差を36秒に縮めてのゴールが効い たわけで仮にトラブルが早めに来たり歩かないといけない状態だっ たら果たして復路に繋がっただろうかと思う。

 最終的に青山学院の勝因は渡辺康幸氏が語るように選手層の厚さ だったのは言うまでもないが、原晋監督は‘長距離をメジャーに’ という思いが強いとの事。

 確かに箱根駅伝は今や正月TV中継の視聴率トップを取るような ビッグイベントになったわけだが、確かに箱根に憧れた人材をリク ルートする‘入口’としては役に立っているのに対し世界に通じる という‘ゴール’が見えてないのが現在の原監督が語るメジャー感 には程遠い。

 つまり現在のマラソン界の惨状を見ると箱根が入り口であるゴー ルに成り下がっている事で、原監督の言葉を現実にするには青山の 卒業生に瀬古利彦のような存在が必要になる。

 青山学院大に課された使命は箱根のスペシャリストを育成するの ではなく、大迫傑のような世界に通じるトラック&マラソンランナ ーを育て上げる事ではないだろうか。

 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2018年箱根駅伝結果~阿部涼選手(2年)~【日本大学駅伝部を応援しています!】

第94回箱根駅伝復路総括【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第94回箱根駅伝 往路〔評〕【ポラリス★スポーツ通信社】

明治19シーズンぶりの決勝進出【スポーツ えっせい】

第94回箱根駅伝往路総括【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

箱根駅伝’18 大手町で愕然 応援団のハシゴ! 波乱続出往路を東洋がほぼ完勝!青学総合4連覇濃厚!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

第94回箱根駅伝 展望【ポラリス★スポーツ通信社】

ハッピーニューイヤー、2018!!箱根駅伝区間エントリー!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:338
  • 累計のページビュー:15159576

(01月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss