スポーツ えっせい

サッカーライターもアテにならなくなってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

 来年はサッカーW杯ロシア大会が開催されヴァイド・ハリルホジ ッチ監督率いる日本代表はグループHに入り、コロンビア・セネガ ル・ポーランドの順番での対戦が決まっているのだが何とも悲観的 な論調しか載ってないのが現状だ。

 最大の理由はハリル・ジャパンが8月にホームのオーストラリア 戦で素晴らしいサッカーを見せて完勝しW杯出場を決めた後は、 アウェーでサウジアラビアに敗れたのから始まりブラジル&ベルギ ーと対戦したヨーロッパ遠征で連敗し12月のE-1アジア選手権は 最終戦で韓国に1-4の惨敗を喫した事だろう。

 サウジ戦の負けはW杯出場権を取った直後のアウェーというエク スキューズがあったが、ヨーロッパ遠征での連敗で周囲が騒がしく なり韓国戦で一気に爆発した形である。

 ただ個人的には大事なのは日本代表がロシアでグループステージ 突破で、そのためには直前の試合まで全敗でも構わないと思っている ので全く気にならないのだが問題はスポーツ紙だけでなくサッカー ライターといわれる人達までがガタガタしている事。

 93ドーハの悲劇の頃から彼らは一般のスポーツ紙の野球的な発想 とは一線を画していたわけで、彼らの記事には納得するケースがスポ ーツ紙よりも多かった。

 実際にサッカーの本場ヨーロッパではクラブチームの方が代表より レベルが高い事を語っており、だからこそ主力メンバーの調整や新し い選手のセレクション目的の国際親善試合には観客が入らなくて当然 という事を記していたのでそれを受けて親善試合では結果に一喜一憂 しないように考えていた。

 ところが国内組のセレクションマッチに過ぎない先日の韓国戦で 敗れるとスポーツ紙と一緒になってブーイングし、観客が少ないの はハリル・ジャパンの人気のなさ的な論調で批判する始末。

 最近のファンはE-1選手権を国内組のセレクションマッチという 位置付けというのが分かっているし、だからこそ観客も少ないのだ が自分達が言っていた事とは真逆の事をしている感が強いので呆れ てしまうのだ。

 W杯で勝てなかったジーコやザッケローニのチームはメンバーを 固定し親善試合でも勝ちに行っていたし‘自分達のスタイル’に拘 るチームだったのでマスコミは持ち上げていたのに対し、トルシエ やハリルはメンバーを固定せずにテーマを持って新しい選手のテス トを平気でやるなどマスコミが嫌う要素が多い。

 つまりマスコミだけでなくサッカーライター達も最近では自分達 の好みのスタイルで戦わないと機嫌が悪くなっているわけで、どう やらサッカーライターの方々も信用が置けなくなってきているのが 現状ではないだろうか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ハリルホジッチでいいのか【困ったfootball】

2017年の日本代表の総括としてのハリルホジッチについての考察。【FCKSA66】

「私が独断と偏見で勝手に選んだ2017年スポーツ重大ニュース」【観戦のすゝめ】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:718
  • 累計のページビュー:15157351

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss