スポーツ えっせい

ホークス暖冬更改は成果報酬システムにあり

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年2年ぶりの日本一に輝いたホークスの契約更改は景気のいい 数字が並び、1億円を越えた選手が17人に上るというのが先日の スポーツ紙に載っていた。

 正しく大盤振る舞いという形だが注目すべきは投手では中継ぎの 森唯斗や岩嵜翔に、野手ではユーティリティプレーヤーの明石健志 なども1億越えというわけだから主役だけでなく脇役といわれる選 手にも手厚い待遇となっているのが分かる。

 ただし武田翔太などは3000万ダウンするなど活躍できなかった 選手は容赦なく下げており、実績に関係なく1年で査定する成果報 酬の年俸制度ならではのもので選手には励みになるシステムではな いかと思う。

 このシステムは10年に小林至が導入したもので、杉内俊哉などは ‘実績を査定に入れないなど選手への愛がない’とあからさまに拒 絶反応を起こしてFA権取得後ジャイアンツに移籍してしまったのだ がプロというのは基本的に活躍したら契約金はアップする代わりに 活躍できなければダウンするというのが基本。

 昭和の時代のプロ野球はポッと出の選手が活躍しても一気に年俸 は上がらず、それから2年ぐらい安定した成績を残して初めて大幅 に上がる代わりに1年ぐらい活躍できなくても下がる事はないとい う実績重視型のシステムだった。

 ところがFA時代になって選手達は活躍したら即年俸を上げる事を 要求し球団側も応じていたのだが、肝心の活躍できない場合は下が るという事を怠っていたのだ。

 もっともフロントの査定係は基本的に本社から派遣された素人で 主力選手のファンでもあるので、人情的に見ても非常な査定をする というのは難しかったためホークスでも斉藤和巳らがその恩恵によ り毎年リハビリだけで億単位の年俸を貰うといった通常では考えら れない状態でもあった。

 それが現行の成果報酬システムに変わってから8年間で5度のリー グ優勝し4度の日本一に輝いているのだから悪いシステムではない。

 成果報酬システムこそ本当のプロの査定システムだし、実績にあ ぐらをかいてろくろく働かない者を駆逐できるのだから経営陣とし てもありがたいものだと思うのだが。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ホークス暖冬更改は成果報酬システムにあり

少し遅れてのコメントごめんなさい。

暖冬改定で福岡ソフトバンクホークスの年俸総額は増える。
球団は、また入場料稼ぎの知恵を絞らねばならない。ご苦労様です。
遠くに住んでいるけど、ヤフオクドームを訪ねる回数を増やして少し助けるか!!!

お邪魔しました。

こんな記事も読みたい

年末に朗報【今日も今日とて】

夢の向こう側へ。2018年に向けて・・。【願)カープVSライオンズの日本シリーズ】

'17総括 ~シーズン中の配置転換ミス【ファン歴44年 神宮の杜】

ソフトバンク・上林、高卒4年目で「規定打席到達&2ケタ本塁打」!「レジェンド」確定?【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

スーパーエースよりもスーパークローザー【スポーツ えっせい】

日本一監督退任【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

優勝パレード2017・・・博多から福岡へ【熊本出身鷹好き現地の会】

「今年の戦力分析」の分析~オリックス担当記者さん、立派です~【熊本出身鷹好き現地の会】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:338
  • 累計のページビュー:15159576

(01月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss