スポーツ えっせい

スピードスケートの平昌五輪短距離代表ほぼ決まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日から長野のエムウェーブでスピードスケートの平昌五輪代表 選考会が始まり昨日は男女500mと男子5000&女子3000m、今日 は男女1000mが行なわれた。

 明日が男女の1500mで最終日は男子10000&女子5000mという スケジュールになるのだが、どうしても男子は短距離中心になる事 から今日までが勝負になるし女子も高木美帆がどれだけ調子を上げ ているかが焦点だから前半にハイライトが来る。

 実際スポーツ紙などに掲載されている主な注目選手には女子はエ ースの小平奈緒や昨日の500mで悲願の初代表を決めた郷亜里砂が 1000mに出場するのに対し、男子は1500mの小田や三輪に近藤ら ばかりが名を連ね500mの選手が目立ってないのが残念ではある。

 もっとも今回の平昌から500mは2レース合計ではなく94リレ ハンメル以来の一発勝負になるため、加藤条治のような500mのス ペシャリストが中心になるのだろうか。

 結果的に男子は長谷川翼が1位で2位に山中大地が入って加藤は 3位で代表を決めたわけだが、どちらかといえばスピードはあるも ののスタミナに難がある加藤にとっては一発勝負方式は追い風で後 は得意のアウトスタートになるかどうか。

 一方でエースともいえる長谷川は今シーズン不調で出遅れており 今大会の成績如何では代表を逃す可能性があったのだが、リンクレ コードを破る滑りで34秒台が5人出る中での優勝だから復調した といえるだろう。

 女子は小平以外で誰が選出されるかが注目だったが郷が今シーズ ン500では5試合で4度表彰台に上っている実力を見せ、小平に続 く2位に入って3位の神谷衣理那と共に代表を決めた。

 1000mになると小平と高木美帆の争いになり世界記録保持者の 小平が貫禄を見せて優勝し、高木との1・2となる。

 一方で男子は小田卓朗が素晴らしい滑りを見せて優勝し平昌を 引き寄せる事に。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック競技
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

涙の全日本選手権【情熱的氷滑芸術】

2017全日本総括【スコッチを片手に】

平昌五輪フィギュアスケート出場者決まる【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15157351

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss