スポーツ えっせい

重友梨佐引退、またしても若手女子ランナーが・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

 5年前のロンドン五輪代表女子マラソン代表だった重友梨佐が、 来年3月で現役引退する事を発表した。

 重友はロンドン五輪イヤーの12年大阪国際で優勝し五輪代表を 決めたものの、本番のロンドンでは6月下旬に足首を痛めた事から 20㌔手前から遅れて78位に終わった。

 この時点で重友は25歳だったので これをいい経験としてリオで 雪辱して欲しいと思っていたのだが、15年北京&今年のロンドン世 界陸上では出場したものの成績が振るわずに引退という形になって しまった。

 実は特に最近の日本女子マラソンの失速の原因の1つに、若手の 伸び悩みがあると思っている。

 女子マラソンが五輪の正式種目に採用された84ロスから昨年の リオまでの9大会のうち連続出場したのは92バルセロナ&96アトラ ンタの有森裕子と04アテネ&08北京の土佐礼子の2人で、特に若手 の選手達が五輪出場後に伸び悩む傾向が目立つし海外のランナーが 30歳を越えてからも活躍している事を考えると もったいない話だ。

 例えば92大阪国際で日本新記録をマークして20歳でバルセロナに 出場した小鴨由水は以後はパッとしなかったし、99セビリア世界陸 上で2位に入り23歳で00シドニーに出場した市橋有里も故障に悩ま されてフェードアウト。

 04大阪国際で優勝し24歳でアテネに出場し7位に入賞した坂本直 子も度重なる故障に悩まされ、08年名古屋に初マラソンで優勝して 24歳で北京に出場した中村友梨香も13位に終わっただけでなく五輪 後にはスランプに陥りロンドンへの出場権を取れずに引退という形。

 つまり20代前半で五輪に出場しメダルにこそ届かなかったものの 貴重な経験を積んだにも拘わらず、以後は故障などに悩まされ30歳 前後で引退というのが定番になっているのだ。

 陸連もそこいらの対策を考えないと経験不足の若手とベテランの メンバー構成なるわけで、経験が重要視される最近のマラソンでは メダル奪回など夢のまた夢になるのではないかと思うのだ。  



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック競技
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第94回箱根駅伝区間エントリー予想~拓殖・國學院~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第94回箱根駅伝区間エントリー予想~中央・山梨学院~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第94回箱根駅伝区間エントリー予想~帝京・大東文化~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:624
  • 累計のページビュー:15157974

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss