スポーツ えっせい

尾川堅一のラスベガスでのタイトル奪取に思う

このエントリーをはてなブックマークに追加

 11日にOAされたWOWOWエキサイトマッチはラスベガスで 行なわれた尾川堅一とテビン・ファーマーとのIBF:Sフェザー級 王座決定戦と、オルランド・サリドとミゲール・ローマンとのノン タイトル10回戦だったのだがメインのサリド-ローマン戦は凄ま じい打ち合いでローマンが9RでTKO勝ちしWBC王者ミゲール・ ベルチェルトへの挑戦権を獲得する形になった。

 ミゲール・ローマンといえば今年の1月に当時1位の三浦隆司が 戦い、こちらも壮絶な打ち合いの末にボンバーレフトのボディブロ ーでダウンを奪い流れを引き戻して12RTKO勝ちした相手として 有名だ。

 タフで有名なローマンと正面から打ち合って倒した事で三浦の評 価が上がった一方で、2度のダウンを喫するという事はローマンも 限界かと思っていたらサリドとの対戦が決まり2度のダウンを奪っ た末にTKO勝ちしたのだから驚いたし三浦の凄さを改めて実感し たものである。

 残念ながら三浦は7月のベリチェルト戦で敗れた事から年齢的な 事もあって引退したのだが、尾川の今回の快挙も三浦が作った流れ が呼び込んだものと言っていいだろう。

 つまり日本人選手のレベルはSフェザーでいえばロマチェンコの ような抜きん出た選手を除けば三浦に勝ったベリチェルトやフラン シスコ・バルガスとも互角に戦えるし、サリドやローマン相手にも 勝てる可能性が高いという事になるので敢えて言えば足りないのは 海外での場馴れぐらいか。

 たしかにフライ級近辺はアメリカなどでは評価が今ひとつなので 日本がビッグファイトの中心だろうが、ライト級近辺になると層も 厚いためアメリカなどで戦う方が世界的な知名度も上がるし収入も 違ってくる。

 それを考えると日本のライト級近辺のトップ選手達も更なるレベ ルアップのためにも、日本に引きこもって戦うより海外に進出して いくべきではないだろうか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

細川が14日に日本タイトル挑戦へ【角海老-ボクシングコラム】

観戦記1374 IBFフライ級王座戦 ジョンリエル・カシメロvsチャーリー・エドワーズ【人生マイペンライ】

尾川堅一、ラスベガスでタイトル奪取の快挙【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15157351

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss