スポーツ えっせい

中山竹通、氷雨の激走から30年

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今から30年前の昨日87年12月6日に行われた福岡国際マラソ ンはソウル五輪の代表選考レースとして行われ、氷雨が降りしきる 肌寒いコンディションの中で中山竹通が2:08:18の素晴らしい記 録で2位の新宅雅也に2分以上の大差を付けて優勝した。

 陸連は当初福岡を一発選考レースとして設定していたので有力選 手の殆どがエントリーしていたのだが、12日前に有力候補の瀬古 利彦が左足腓骨の剥離骨折で欠場する波乱の雰囲気の中でスタート。

 気温5度以下で氷雨が降る中でスタートしたレースは中山が20㌔ まで5㌔14分台という驚異的なペースで飛ばし、35㌔でも世界記録 よりも49秒速いペースだったので‘世界新も’と思われたが過酷な コンディションの影響を受けて最後はペースダウンして2:08:18で ゴール。

 瀬古不在とはいえ日本記録保持者の児玉泰介や谷口浩美にベテラ ンの宗猛や伊藤国光、そしてトラック上がりのスピードを誇る新宅 などがエントリーしている中でライバルを置き去りにしての見事な レースだったし中山のベストレースだと思われる。

 先述したように陸連は当初このレースをソウル五輪の一発選考レ ースとして設定していたため当初は日本人3位以内が代表入りと思 われていたのだが、日本人3位は工藤一良だった事から中山と新宅 の2人が選出され残る1枠は2月の東京と3月のびわ湖の結果を見 て決める事を発表。

 結果的に3月のびわ湖で優勝した瀬古が3人目として選出され、 工藤は補欠に回る事になったのだが瀬古のびわ湖優勝タイムは2時 間12分台だったのに対し工藤は2:11:36だったので物議を醸す 事になった。

 工藤の後の成績や4年後の小鴨由美の成績を見ると最終的に瀬古 を選出したのは間違いではなかったと思うのだが、結果的にこれを 最後に五輪選考レースは一発勝負がなくなったのだった。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第94回箱根駅伝の戦い方~城西大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第94回箱根駅伝の戦い方~国士舘大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

12月の第1日曜日の3大スポーツイベント【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:889
  • 累計のページビュー:15116573

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss