スポーツ えっせい

金をかけて優秀な外国人選手を取っても

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月18日に埼玉スタジアムで行われたACL準決勝の2ndレグで ホームの浦和が、12分にCKからラファエル・シルバが頭で決めた 1点を守りきり1-0で上海上港に勝ちアウェーで行なわれた1stレグ との2戦合計2-1として決勝進出を決めた。

 アウェーでの1stレグで先制されたものの追い付いて1-1で引き 分けた結果アウェーゴール規定で2-1と有利になっていた浦和だが、 勝つか0-0の引き分けなら決勝進出になるものの2点以上取られる と敗退となる難しい状況の中で12分に挙げた1点を高い集中力で上 海上港の猛攻を凌いで勝ちきれたというのは大いに価値がある。

 Jリーグ勢は08年にG大阪が優勝して以来ベスト4の壁に阻まれ ていたが、その理由として広州恒大や上海上港のような中国のビッグ クラブが大物外国人選手を爆買いしての強化の前に資金力に劣るJリ ーグ勢が苦戦する傾向が強かった。

‘代表とクラブは車の両輪’と言われているだけに強化がどちらかに 偏ってもレベルアップはできないのだが、大量に資金を投入して自国 リーグのレベルアップを図っている中国や中東勢の代表戦は苦戦続き。

 その理由として優秀な外国人選手を獲得する反面、彼らに頼ってし まう戦いぶりにあるのではないか。

 つまり外国人選手を手本として自国選手を強化するならいいのだが チームが勝つための駒という位置付けでは、外国人選手と自国選手の レベルの乖離が起こりレベルアップにはつながらないという事。

 発足したばかりの頃のJリーグにはジーコやドゥンガにピエール・ リトバルスキーなど世界的なスーパースターが集結していたものの、 ピークを過ぎた選手というイメージでリーグがレベルアップしていく とネームバリューほどの活躍はできなくなっていた。

 ベベットやイルハンらW杯で活躍した選手達が来日してプレーし ても期待通りの活躍ができないのに年俸だけが高ければファンの目 も肥えているので、客寄せパンダとしても使えないというのが最近 のJリーグが大物外国人選手を積極的に取らなくなった理由だろう。

 むしろJリーグ勢はリーグ戦では強者のスタイルで戦っているの がACLでは弱者のスタイルで戦う経験ができるわけで、格上相手に こそ力を発揮するハリル・ジャパンの戦い方にもフィードバックで きるのだから大型補強をする中国勢と戦えるACLは貴重な舞台では ないだろうか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【第30節】 vsヴァンフォーレ甲府~こんなコンディションは結果良ければすべて良し。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

分が悪い――横浜Fマリノス3-2鹿島アントラーズ【雑感】【Memories of the game】

見応えのある好ゲーム。 鹿島 2-3 横浜【二つの歓喜をもう一度!】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15157351

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss