スポーツ えっせい

CS、1stステージだけでもダブルヘッダーを

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日セ・リーグのCS1stステージG2が雨が降りしきる中で行 われた事で批判が殺到していたのだが、ここに来て俄かに脚光を 浴びているのがダブルヘッダーである。

 今年のセ・リーグのCSの開催権を持つカープとタイガースは共 に屋外球場という事で当然ながら雨天中止のリスクはあったのだが、 最大の問題はリーグ優勝チームのアドバンテージを確保するために 1stステージと2ndステージとのインターバルが1日しかないので 雨天中止が続くと2位チームであるタイガースの不戦勝という可能 性があり実際雨が続いたので‘不戦勝’の謗りを受けるのを恐れて 悪コンディションの中でも試合を強行した事だろう。

 個人的にはインターバルを伸ばすというのは優勝チームのアドバ ンテージをなくす可能性があるので1日が妥当だと思うが、4日間 で最大3試合行なうならばダブルヘッダーの導入は必須ではないか。

 ダブルヘッダーは80年代までは度々見られていたし、球史に残る ドラマやシーンを彩っていた。

 例えば68年9月に甲子園で行われたタイガース-ジャイアンツ戦 の第2試合では、後に巨人の星で花形満が星飛雄馬の大リーグボール 1号を打つ舞台となったジーン・バッキーの王貞治への危険球騒動か らの乱闘事件に決着を付けた長嶋茂雄のHR。

 74年に名古屋でドラゴンズがホエールズに連勝して29年ぶりの リーグ優勝を決めたのがダブルヘッダーだったし、2日後に長嶋茂雄 の引退試合もダブルヘッダーで行なわれ特に2つの試合の合間に長嶋 が外野フェンス沿いを歩いてファンに別れの挨拶をしたのもダブルヘ ッダーだったからこそだろう。

 パ・リーグでは連勝すればバファローズの逆転優勝というシチュエ ーションで行なわれ2試合目を引き分けで優勝を逃し10・19の悲劇 といわれた88年の川崎球場でのオリオンズ-バファローズ戦や、翌 89年にはラルフ・ブライアントの2試合にまたがる4打数連続HRで ライオンズの地元胴上げを阻止したどころか地力優勝すら消滅させ た10・12の奇跡なども共にダブルヘッダーだった事が名勝負に絶 妙の味付けをしていた。

 MLBでは雨天中止になるとダブルヘッダーにしてでも日程消化を するケースは多いし、96年のWシリーズではアトランタ-NYヤン キースのG1が雨で流れると‘仮に翌日も雨で中止になったらダブル ヘッダーをやるか’という話も出ていたぐらいダブルヘッダーに対 する抵抗感はない。

 それに対し日本ではダブルヘッダーは抵抗感があるようだが、今 回のような事があるとダブルヘッダーという選択肢は必要ではない だろうか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

● カープ 0-1 ベイスターズ@マツダ【2017/10/20】【スライリィーと愉快な仲間たち ~広島カープ優勝までの軌跡~】

【2017】Fsドラフト予想【前編】【札幌ドームが見える部屋から】

7投手継投でお見事1-0完封。面白くなってきました。【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:414
  • 累計のページビュー:15158387

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss