スポーツ えっせい

W杯で結果を残すには脱ポゼッションの方がいい

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日ヴァイド・ハリルホジッチ監督が10月の親善試合のメンバ ーを発表した時に、ボールポゼッションに拘らない‘脱ポゼッショ ン宣言’をして話題になった。

 日本は長らくボールポゼッションに拘る理念で戦っていたのだが 相手より少しでも長くボールを保持している方が、失点する心配は ないし攻撃にも結び付けられるという理由からだろう。

 ただポゼッションを全面に出すと点が取れない時に横パスが横行 するだけでなくカウンターを喰うリスクも出てくるわけで点を取る ために相手DFを崩すべきパス回しが、ややもすれば攻撃を継続し 点を取られないための手段に成り下がってしまう傾向が強く‘パス は回れどシュートがない’というシーンが日本のお家芸になっていた。

 つまりシュートを打つための手段としてのパス回しやポゼッショ ンが、いつの間にかボールを失わないための目的になってしまって いたのだ。

 たしかにバルセロナやスペイン代表のようなスタイルは見栄えが いいし人気もあるのだが最近のヨーロッパの強豪クラブでは一時期 流行っていたポゼッションスタイルから、敵陣で相手にボールを持 たせカウンターを仕掛けるショートカウンターが主流になっている のが実情だ。

 更にNBAでもゴールデンステート・ウォリアーズが平均得点が 1位なのにボール保持時間は最も短いというデータに見られるよう に、他の競技でもポゼッションに拘らないスタイルをチラホラ見る ケースが増えてきている事にも注目したい。

 ちなみにサッカー日本代表はポゼッションに拘らなかった10南 アフリカ大会ではボール保持時間は31位だったにも関わらずグル ープステージ突破を果たしたのに対し、保持時間が7位だった14 ブラジル大会では1分2敗という成績でグループステージ敗退して いるのだから世界相手にボール保持時間を長くすれば勝てるという 発想は時代遅れという事になる。

 マスコミは‘日本人の長所は小回りの利く敏捷性だから、それを 生かした戦いをするべき’という事からショートパスをつないで崩 して行くスタイルを推奨しているのだが、全員がチームのために骨 惜しみせずに戦い抜く戦術理解能力を生かさない手はないしトルシ エはコチラの方を重要視して02大会でグループステージを突破と いう結果を残した。    それらの事を考えるとハリルホジッチが強調する脱ポゼッション という考えは格上相手としか対戦しないW杯対策としては現実的 だし、いくらいいサッカーをしてもグループステージ敗退では評価 されないという事を忘れてはいけない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アピールせよ!!新戦力!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

ニュージーランド戦とハイチ戦へ向けてのメンバーからの今後について。【FCKSA66】

W杯選手選考を早々予想してドラマを考える! 其の伍 ~我らがJリーガー編~【生意気くらいが丁度いい。】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:7072
  • 累計のページビュー:14924970

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss