スポーツ えっせい

井上尚弥とりあえず上々のアメリカデビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニアのカーソンで行われたWBO:Sフライ級タイトル マッチは王者の井上尚弥が7位のアントニオ・ニエベスに6R終了 TKO勝ちで6度目の防衛に成功した。

 これがアメリカデビューとなる今回の防衛戦は1Rから左ジャブ で流れを掴むと多彩なパンチ攻勢に出て時おりニエベスの反撃を 受けるものの、2Rからは完全にペースを握り左ボディから右スト レートをヒットしてバランスを崩させたが残り10秒の拍子木の勘 違いからチャンスを逃す。

 それでも3R以降もボディを中心に攻め固いガードを崩しにかか るが、挑戦者のニエベスは早くも倒されない事を優先したスタイ ルになる。

 迎えた5Rに左ボディアッパーでダウンを奪うと6Rには一方的に 攻め続け、ラウンド終了後にギブアップに追い込んだ。

 今回の興行ではシーサケット・ソウルンビチャイ-ローマン・ ゴンサレス戦のWBCタイトルマッチをメインに井上の防衛戦がセミ ファイナルで、1つ前の試合ではカルロス・クァドラス-ファン・ フランシスコ・エストラーダのWBC挑戦者決定戦のSフライ級祭り という形。    アメリカデビューとなった井上の挑戦者・ニエベスはバンタム級 から落としてきたわけだから強靭なフィジカルを誇るだけでなく、 キャリアで1度もダウンがないというタフさを誇る相手だから倒し てアピールしたい井上にとっては決して楽な相手ではない。

 そんな相手に1Rから左ジャブをヒットさせてペースを握り多彩 なパンチを浴びせたため3Eあたりからニエベスは倒されない事を 前提とした亀ガードで腰を引いたのに対し、4Rには足を使ってカ ウンター狙いに切り替えるなど戦い方も柔軟で5Rには遂に左ボディ アッパーで初のダウンをさせたのだから大したもの。

 最終的にギブアップに追い込んだ事から勝つだけでなくインパ クトのある内容というミッションもクリアした形で、会場が今ひ とつ盛り上がりに欠けたのはニエベスが逃げ腰で倒されない事に 特化してしまった事が大きい。

 ただメインでターゲットとされたローマン・ゴンサレスがシー サケットにKO負けを喫して連敗したし、減量苦が伝えられている 事から次の試合はバンタムに上げた方がいいのではと思う次第。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

井上尚哉の全米デビューは50%成功?【猫と観るスポーツ】

ロマゴン完全陥落、井上尚弥はどこへ行くのか?②【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ロマゴン完全陥落、井上尚弥はどこへ行くのか?①【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:2332
  • 累計のページビュー:15053913

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss