スポーツ えっせい

高校野球でのホームランの量産どこが悪い!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年の高校野球・夏の甲子園は実に68本ものホームランが飛び 交う大会となったのだが、当然のようにスモールベースボール信 者達から‘野球が大味でつまらない’などとネガティブな論調を 耳にする。

 とはいえMLBでも最近は極端なシフトを敷くケースが増えた事 から‘オーバーフェンスすればシフトは関係ない’とばかりに ホーム ランを狙うバッティングが主流になってきており、高校 野球の方が プロ野球よりも先にその流れに乗っている感じだ。

 一昨年高校野球100年企画でBS‐1が各県思い出の名勝負を流 していたのだが70年代の試合の映像などを見ているとバッター 達はバットを短く持っているだけでなく小さく構えているので、 あれでは金属バットを使用していても打球は飛ぶわけないし守備 位置も今とは比べ物にならないぐらい浅いので申し訳ないけど レベルの低さが分かる。

 それが池田のおかげでパワー野球全盛になり内外野の守備位置 も深くなって、それに触発されて守備範囲の広さや肩の強さも格 段に上がったわけだからパワー野球さまさまではないか。

 おりしも元ジャイアンツのウォーレン・クロマティは日本プロ 野球のレベルダウンに警鐘を鳴らしており、その象徴として先頭 打者がヒットで出塁すると決ってバントなどサプライズがないと 語っている。

 また昨年は‘バッターはもっとフルスイングすべきでMLBの東 洋人を見るとしっかり振り切れる韓国人選手の方が有望だ’と語 っているように、プロの選手でフルスイングする選手が少ないの は行き過ぎたスモールベースボールの弊害だろう。

 しかし最近の高校野球を見ると上位に進出したチームの選手は バットを振り切っているし送りバントが減ったというのも然りで、 いい方向に向かっていると思うしプロなど上のカテゴリーに行っ た時にミニマムベースボール信者達からスケールダウンさせられ ないように見張らないといけない。

 相手投手がいい時には0-0の展開が続くわけで、そういう時に 流れを変えるのは長打とミスというのが伝統的な理論だがミスは ともかく長打を打つ練習をしないというのは極端な事を言えば指 導者の怠慢で勝つ気がないという事になる。  



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【U18野球W杯】韓国代表一覧など【室井昌也『ソウルはいつも野球愛』】

「Number」をテキストに、「敬遠」考。【猫と観るスポーツ】

高校野球に対していただいた論点についての議論 その1【Rayを釣りたくて】

選抜を目指して、秋季高校野球東京都のブロック予選で、東海大菅生と二松学舎大付がいきなり対戦【ゆきちのすぽーつこらむ】

【高校バスケ】2017' 北信越ミニ国体 少年男子決勝:石川○ 93-90 ●新潟 (2OT)、大倉颯太59PTS。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

スポーツ大会の収支決算書【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

高校野球 国体出場校【Kaipopo】

第62回軟式選手権1回戦・篠山鳳鳴v木更津総合【高校野球観戦日記】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:5891
  • 累計のページビュー:14834421

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss