スポーツ えっせい

加茂&岡田ジャパンのW杯アジア最終予選から20年・Part1

このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月31日にホームでオーストラリアに2-0で勝ち6大会連続 W杯出場を決めたサッカー日本代表だが、ちょうど今年がW杯に 初出場して20年目になるのでフランスW杯最終予選を振り返って いきたい。

 本来10月に中立地でのセントラル方式になる予定だったアジア 最終予選をFIFAが突然ホーム&アウェー方式に変更したため9月 から毎週のように週末最終予選が行われる事になった。

 日本は韓国・UAE・ウズベキスタン・カザフスタンとグループ Bに入り1位が出場権獲得で、2位はグループAの2位との第3 代表決定戦が行われる事になり9月7日にホームでウズベキスタ ンとの対戦が決まる。

 試合は開始早々に井原正巳がPエリア内で倒されて得たPKを 三浦カズが決めて先制すると直前までの得点力不足がウソのよう に前半だけで4点を奪う猛攻を見せるのだが、後半に入ると一転 ウズベキスタンの反撃を受けて2点を返されカズが2点を追加す るものの その度に失点し6-3で勝って幸先よく勝ち点3を挙げ る事ができた。

 ただしウズベキスタンは2日前に来日するなどコンディションに 問題を抱えていたし、4-0とリードして迎えた後半は城彰二に代え て投入した西澤明訓が機能せずリズムも悪くなるなど加茂采配には 不安も残った。

 というのも加茂周監督は監督就任以来ゾーンプレスを提唱してい た一方でロングボールでプレスをかいくぐられた時の対策が不安視 されていたのだが、96年12月にUAEで行われたアジア杯ベスト 8でのクウェート戦で危惧されていたロングボールからのカウンタ ーにやられ2-0で敗れると‘カウンター対策はできている’と豪語 して導入したのが3-5-2システム。

 これまで4-4-2でDFラインが高い位置でプレーする事により プレスがかかっていたのが3バックにした事でDFラインが低く なるだけでなく、中盤の人数を減らしてのものだからプレスもか かりづらくなっており最大の武器であるぷレッシングが機能しな くなっていたのだ。

 そんなわけで1次予選は勝ち上がったものの低調な内容で進み、 得点力不足にも悩まされている中での最終予選となった。

 また親善試合などではベストメンバーに拘り新戦力の起用にも 慎重だったのだが、肝心の最終予選の初戦で西澤を4-0の後半 から起用するなどやる事がチグハグな感が拭えずに初戦を終えた。

 前日にライバルの韓国はホームでカザフスタンに3-0で勝って いたので共に勝ち点は3でスタートするなど、見た目には幸先いい スタートだったが波乱の匂いがプンプンするものだった。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

サウジ戦雑感とハリルホジッチ体制の簡単な総括【亀ののこのこ走り(主にサッカーについて)】

勝つ気はなかったサウジアラビア戦、途中のフォーメーション変更は新たなオプションか?【spoloveブログ】

サウジアラビア戦 【 オーストラリア戦が過大評価気味だったので、ここで負けた事は良かったのかなと。 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:2767
  • 累計のページビュー:15061398

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss