スポーツ えっせい

祝!ハリル・ジャパン、ロシアW杯出場決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカーW杯ロシア大会アジア最終予選のオーストラリア戦が、 今夜 埼玉スタジアムで行われ日本代表はオーストラリア代表に 浅野拓磨と井手口陽介のゴールで挙げた2点を守り切って2-0で 勝ち98フランス大会以来6大会連続W杯出場が決定した。

 試合は立ち上がりからオーストラリアが細かいパス回しでボー ルをキープするのに対し、日本はゴール前を中心にブロックを作 りシュートを許さず迎えた38分にレッキーの放ったミドルシュー トが吉田麻也の足に当たってポストを叩き事なきを得る。

 直後の41分にドリブルで左サイドから上がった長友佑都が上げ たクロスをDFラインの裏に抜け出した浅野が左足で合わせて先制。

 後半に入ると出足の早いディフェンスが機能し始め敵陣でボー ルを奪ってシュートに持ち込む形で優勢に試合を進め始めるが、 加点を奪えずに嫌な雰囲気になってきた82分に原口元気の出した パスを受けた井手口がドリブルで仕掛けてチェックを交わして打 ったミドルシュートが決まり2点目を挙げ最終的に2-0で勝って W杯出場を決めた。

 今回のオーストラリア戦は試合前から‘勝てなければハリルホ ジッチ監督更迭’などという不穏な雰囲気だった。

 というのも6月に行われたイラク戦で拙い試合運びでリードしな がら引き分けに持ち込まれ勝ち点17で単独トップに立っていたも のの、オーストラリアとサウジは勝ち点16で1しか差がないだけで なく残り2試合を上位2ヵ国と対戦するのに対しオーストラリアと サウジは日本戦以外はUAEやタイなど勝ち点を確実に取れる相手だ ったので日本は下手すると残り2試合を2引き分けでもグループ3位 の可能性があったのだ。

 更に悪い事にオーストラリアは今年行われたコンフェデ杯でドイ ツ相手に2-3で敗れたもののカメルーンやチリと引き分けており、 昨年アウェーで引き分けたチームから長足の進化をしているという 評判で何より日本はオーストラリアがアジア地区に編入されて以来 90分間で勝った事がなかった事から苦戦は必至と思われていた。

 ただ2日前にアルアインで行われたUAE-サウジ戦でUAEが2-1と 逆転勝ちした事からサウジの勝ち点が伸びず、今日の試合が引き分 け以下でもサウジでの最終戦で負けなければ大丈夫という状況での キックオフとなった。

 そんな中で日本は長年攻撃の中心だった本田圭佑や岡崎慎司に香 川真司らをスタメンから外し乾貴士・大迫勇也・浅野拓磨らを起用 するなどギャンブル的なスタメンで臨み、シュート数では19-6と いう形で上回っただけでなくW杯予選で勝った事がなかった相手を 2-0と完封したのだからハリルホジッチ監督の目指したスタイルが 浸透した証拠だろう。

 とりあえずW杯出場を決めた事で、次のサウジ遠征は楽な状態で見 る事ができる最高の展開になったわけだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

長谷部が見せたサッカー脳の高さ【Viva La sports】

だから、素人は笑える!「ベンチにまだまだいたよね?(日本サッカーは国際級だ?)」【猫と観るスポーツ】

勝手に採点 =6大会連続ワールドカップ出場決定!=【You's world news co.,】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:2672
  • 累計のページビュー:15048236

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss