スポーツ えっせい

亀海喜寛の挑戦は実らなかったが・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日の昼前にカーソンのスタブハブ・センターで行われたWBO: Sウエルター級王座決定戦で、6位の亀海喜寛は元4階級制覇王者の ミゲール・コットと対戦し0-3の判定負けで81年の三原正以来の アメリカでの王座獲得はならなかった。

 1年9か月ぶりの実戦となるコットに対し亀海は体格差を生かし プレッシャーをかけてパンチをヒットさせ先制するが、2R以降は コットの巧みなテクニックの前にペースを握られポイントをピッ クアップされていく。

 亀海もボディを中心に攻め立てるがコットは鋭いステップワー クとボディーターンでポジションを常に変えるなど、変幻自在の 動きを見せて手数で圧倒し最終的に最も接近した採点でも118- 110という大差が付いた。

 ただし結果的に大差は付いたが11年から海外に拠点を移して戦 績を積み重ね、ビッグネーム相手の世界戦にこぎ着けた事自体が 最近のボクシング界では見られなかった事である。

 ここ数年のボクシング界は多くの世界王者を輩出しているものの フライ級以下が多く日本人選手ではSフェザーまででメジャータイ トルであるライト級から上の階級は層が厚く、日本に王者を呼んで 挑戦するというのは難しく海外に出て行くしかないわけだが国内ば かりで勝ち続けてもアメリカを中心とした市場で知名度がないと挑 戦すら難しい。

 ところが内山高志を擁していたワタナベジムの会長に見られるよ うに、とかく国内のジムの会長は帝拳や大橋ジムら一部を除き海外 での試合には消極的なのが実情だ。

 現実問題としてジムのエースを海外に行かせて潰されたら?とい う危惧は分からないでもないが、目の肥えたファンを納得させるに は海外で審の強豪と対戦する事が重要になって来る。

 そういう意味で亀海は11年から海外で戦い敗れたとはいえロバー ト・ゲレーロのような強豪と対戦してキャリアを積み今回のコット との対戦にこぎ着けたわけで、願わくばライト級から上で世界を狙 えるボクサーは亀海のような路線を取らなければ世界を取るどころ か世界挑戦すらできなくなるだろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

3分間の積み重ね【運動科楽からスポーツ再考!!】

ドーピング疑惑のネリ・最終陽性なら裁定はひとつしかない【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

こっから2週間、注目ファイトてんこ盛りです。【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:5891
  • 累計のページビュー:14834421

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss