スポーツ えっせい

錦織圭の今季残り試合欠場は英断

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日のスポーツ紙に男子テニスの錦織圭がサーブ練習中に痛めた 右手首は腱の部分断裂だった事から、今シーズンの残り試合を全て 欠場するというニュースが載っていた。

 28日に開幕する全米OPでの活躍を期待していたのだが、今シー ズンの覇気のない試合ぶりを度々見せられていた我々にとって手 首のケガなどの痛みから来るものと思っていたら部分断裂では今 シーズンの残り試合全てを欠場してでも治療に専念するべきだと 思う。

 そもそも錦織は決して体格的に恵まれてないためエア・ケイと 呼ばれる技などは見た目は華やかではあるものの、かなりの負担 を体にかけるのは必然で20代後半に差しかかった今年は以前のよ うな躍動感が見られなくなっていた。

 もともと昨年あたりまで臀部を痛めたりとケガが多いのは有名 で、手首痛に苛まれていたのならランキングは下がるものの勇気 ある休養を取るべきだと考えていた。

 最近のテニス界はノバク・ジョコビッチが右肘の治療、スタン ・ワウリンカも膝のケガのため今シーズン残り試合の欠場を示唆 するなど多くの試合をこなすために体の負担が大きくなっている のは確か。

 ただしロジャー・フェデラーのようにケガをしっかり治し復帰 すれば一旦ランキングは下がっても好成績を残して復活できるの で、テニスの神様が‘休むべき’と言っているように思える。

 錦織のような体格ではコンディションを限りなくベストに持って 行かなくては活躍を期待できないのだから。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

錦織圭の今季残り試合欠場は英断

錦織は怪我を治すのはもちろんのこと、あのサゲマン女とも一刻も早く絶縁するべきだよ。

手首の故障はサービスグッリプに原因

他の多くのプレイヤーに比べ、手のひらがラケット面の後ろ側のため手首を異常に曲げた構えだ。サーブに最適なコンチネンタルでは、手のひらがラケット面に対し、上にくるので手首お伸ばした構えになる。トロフィーポーズで肘が体から離れ、しかも90度位の角度だ。そこからスイングが始まるので、体の回転より腕の動作が大きく、インパクトで手首お前後に使うサーブになっている。フィニシュではっつきりわかる。初心者がフォアハンドストロークで手首を前後に使うボールを叩くスイングのため、腱鞘炎になる人お何人も見てきた。錦織君は腕力が強く今まで持ちこたえたのです。コンチネンタルなら肘がも少し曲がり、体の近くから体の回転で引っ張り上げられ、インパクト直前に肘が伸び、手首の前後動作無しに肘の内転で打つ。そしてフィニシュでは、ラケット面が右外お向く。セカンドでは、手刀の動作が効きスピンがよくかかる。今の厚めグリップでは、手首そして腹筋に負担のかかるセカンドではスピンのかからないサーブの繰り返しになります。メンタルとか体力に問題あり、休養取れていいとか言いますが、サーブ以外すべてが素晴らしいのだからグッリプチェンジだけです。なぜボッチーニやチャンコーチがそして多くの解説者が、サーブグリップお指摘しないのか不思議です。皆さんどう考えられますか。

こんな記事も読みたい

杉田の挑戦と錦織の長期離脱について ウエスタン&サザン・オープン2017 2回戦【change-the-flow】

ベスト16決定、シード勢は5人のみ!? 杉田VSカチャノフは8/18 午前0:00~(ウエスタン&サザンOP2017)【0 to zeroのhorizon】

2年連続で杉田祐一がマスターズ16強、ソウザ(54位)に逆転勝利!(ウエスタン&サザンOP2017・2回戦)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:2218
  • 累計のページビュー:15045565

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss