スポーツ えっせい

控え中心メンバーでもモチベーションが高ければ手強い

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日ジェイミー・ジョセフHC率いるラグビー日本代表が主力10 人を欠くアイルランドに連敗した事で19年W杯についての不安を 抱く記事が載っていたのだが、どうも日本のマスコミは相変わらず ベストメンバーは強く控え中心というのは格下という固定観念に支 配されていると実感する。

 今から30年前の第1回ラグビーW杯でアメリカに18-21、イン グランドに7-60で連敗し敗退が決定した日本代表はオーストラリ アに23-42で敗れたもののマスコミは‘善戦’と手放しで喜んだ。

 SOマイケル・ライナーやRWTBデービット・キャンピージーを 揃えたオーストラリア相手に前半はシーソーゲームを繰り広げたわ けだから‘善戦’と喜びたいのは分かるが、既に連勝し1位通過を決 めたオーストラリアにすれば決して高いモチベーションで臨んだ試 合ではないはず。

 またフィリップ・トルシエ率いるサッカー日本代表が00年6月に 行なわれたハッサン2世国王杯で、2年前のW杯王者で1週間後に 開幕するEURO2000で優勝するフランス相手に2-2で引き分けた 試合を大絶賛した。

 確かにジネディーヌ・ジダンをはじめとしたベストメンバーで臨 んだフランス相手に常にリードする形で引き分けたのだから喜びた いのは分かるが、フランス側の立場からすれば1週間後にEUROの 初戦を戦うための調整試合という位置付けなので決してモチベーショ ンの高い試合ではなかったはず。

 一方で95ラグビーW杯でウェールズとアイルランドに連敗して敗 退が決まった日本代表は最終戦で控え中心のニュージーランドに17- 145という歴史的惨敗を喫したわけだが、その時の批判の多くは‘控え 中心のニュージーランドに惨敗して・・・’というもの。

 また01サッカーコンフェデレーション杯でトルシエ・ジャパンは、 グループステージ最終戦でベストメンバーではないブラジル代表と 控え中心メンバーで戦い0-0で引き分けた試合の評価は今ひとつ だった。

 日本では‘試合をするからには常にベストメンバーを揃えて勝ちに 行く’というのが当たり前で、対戦相手も同じようにするはずといった 固定観念が未だに強い。

 日本のように練習が長く試合数が少ないスタイルなら常にベストメ ンバーを揃えるべきという理論は悪くないが、試合を重ねながら調整 していくスタイルの外国勢は常にベストメンバーを揃えるわけではな いので日本的な考えは通じない。

 だからグループステージ突破を決めた直後の試合などはベストメ ンバーで臨んでも心は決勝トーナメントにあってモチベーションが 落ちているケースが多いのに対し、控え中心の方が自らをアピール するために高いモチベーションで臨むわけでベストメンバーよりも 手強いし95W杯でニュージーランドが日本相手に145点も挙げた のはそういう背景があるのだ。

 そういう要素を全く考慮せずに目先の勝敗に一喜一憂するマスコ ミというのは本当に進歩がないと思う。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラグビー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

卓球部・第87回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)予選ブロック【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

次のストーマーズ戦必勝で、去年より戦績アップを【ラグビー日本‼】

机上と現場【グラウンドから愛を込めて】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15043348

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss