スポーツ えっせい

陸上短距離界の新たなエース・サニブラウン

このエントリーをはてなブックマークに追加

23日から3日間にわたってヤンマースタジアム長居で開催されて いた陸上の日本選手権が今日終了した。

 今大会は何といってもリオ五輪の男子400mリレーで銀メダルを 獲得した男子短距離陣が最も注目され、特に100mで初の9秒台が 出るかという話題もあった。

 何せリオの銀トリオであるケンブリッジ飛鳥と桐生祥秀に山県 亮太だけでなく、惜しくもリオを逃したもののサニブラウン・ハキ ームや追い風参考ながら国内初の9秒台を出した多田修平らが争そう のだから注目されないわけがない。

 男子100mは決勝が雨という悪コンディションだったので9秒台は 出なかったのだが、そんな中でサニブラウンが自己ベストを更新す る10秒05という素晴らしい記録で優勝し2位は10秒16の多田でケン ブリッジ飛鳥が10秒18で3位に入った。

 つまりリオの銀メダルトリオである桐生と山県が4位と6位に終わ り、今年の世界選手権の出場権を取れないという凄い事になったわ けである。

 更に今日行われた男子200mでもサニブラウンはスタートから飛ば して先頭でストレートに入りリードを保ったままゴールし、自己記録 を更新する20秒32での優勝を果たした事で03年の末続慎吾以来の短 距離2冠達成という事になった。

 「正直100mが終わって満身創痍だった」と本人は言っているが、 3日間の日程で100と200に両方出て勝つというのは難しくなってい る中で悪コンディションにも拘わらず勝てたのは大きい。

 考えてみればサニブラウンはリオを落選しているわけで、それだ け日本の陸上短距離界のレベルが上がっている証拠だろうから誰か が100mの9秒台を出せればジャマイカのように一気に9秒台で走れ る選手が続くのではないかと思う。

 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

全日本大学駅伝予選会結果分析【日本大学駅伝部を応援しています!】

陸上日本選手権男子100メートル決勝【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

【第49回全日本大学駅伝予選会】試合結果【駅伝狂の詩】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15048236

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss