スポーツ えっせい

打線の中心は4番でなくとも

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年のプロ野球交流戦で勝率1位となったホークスはケガ人続出 という中で結果を残した形になったのだが、特に2週目を終わって 4番の内川聖一だけでなく5番のアルフレッド・デスパイネまでが 不在になった時は厳しいと思った。

 実際に交流戦前から絶不調に陥っていたジャイアンツに連敗した だけでなくG2では3人の投手によるノーヒットノーランまで喫し たのだから、週末が好調なカープ戦という事もあって下手したら6 連敗もありえるという雰囲気だったのでジャイアンツとのG3から 3勝1敗で2勝1敗ペースをクリアできたのは凄いだろう。

 その原因としてデスパイネ離脱後に4番を打っていた柳田悠岐が 全く打てなかったのに、3番に戻した途端に打線がつながったのだ から打順を1ついじるだけで ここまで違うのかと思った次第。

 ここで思い出したのが21年前に長嶋茂雄監督率いるジャイアン ツがカープとの11、5ゲーム差を引っくり返したメークドラマの 年に、4番を打っていた落合博満が9月以降デッドボールで骨折し 離脱した時に豊田泰光をはじめとした多くの評論家達が7月以降 反攻の原動力となっていた松井秀喜に4番を打たせるべきという 論調の中で3番から動かさなかった事。

‘松井4番’を支持する面々は4番はチームの顔なので現在の成績 なら相応しいし松井に自覚を持たせるだけでなくファンも喜ぶ はずと主張していたのだが、意外にも長嶋は‘1番・仁志敏久、 2番・川相昌弘、3番・松井のリズムで上手く行っているので それを崩したくなかった’と言っていたのが印象的だった。

 柳田も今やホークスの顔的な存在だしトリプル3を達成して いるように確実性と長打力の両方を併せ持つ存在だから多くの ファンも‘柳田4番’を望んでいただろうし、実際に先週のジャイ アンツ戦で柳田4番が実現すると打てなくても将来のために固定 すべしという意見も散見した。

 ところが4番で打てなかった柳田を3番に戻すと復活しただけで なく打線もつながったのだから、21年前に長嶋が言っていた打順 によるリズムというのがある事を改めて実感するものだった。

 ちなみに柳田が3番に戻ったホークスの4番には江川智晃と松田 宣浩が起用されたので‘松田はまだしも江川とは’と4番中心説を 唱える人達は驚愕しただろうが、今の時代は4番の一振りに全てを かける時代ではないし現在の野球に‘3番は功打者タイプで4番は チーム一の強打者’などという図式は当て嵌まらなくなっていると いう事だろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「打線の中心は4番でなくとも」へのコメント

打順はポジションですよ
それ以上でもそれ以下でもありません
サッカーの10番みたいなもんです
日本では欧州と使われ方がまるで違いますけどね

こんな記事も読みたい

それでも去年よりは大分マシなんじゃなかろうか【オリだぶ】

さあ戦争を始めよう【アナグラム的分析ラボラトリ】

対巨人 再開前夜【春夏秋冬ドラ応援】

故障者を抱えながらの交流戦最高勝率おめでとうございます。【静岡からホークスを応援する退職暇老人】

現行の交流戦システムは2勝1敗ペースを守る事【スポーツ えっせい】

久々の投稿ですが…【鷹の人生2014】

苦しみながらもチームで掴んだ大きな1勝!【のほほ〜んと、気の向くまま、おもむくままなblog】

よく頑張りました、工藤さんやるねぇ【ホークスを見つつ、他のも見つつ…】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14822207

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss