スポーツ えっせい

現行の交流戦システムは2勝1敗ペースを守る事

このエントリーをはてなブックマークに追加

 早いもので5月30日に始まったプロ野球セ・パ交流戦も今日が 最終日で、何と最終カードで交流戦最高勝率を争うカープとホー クスが対戦し1勝1敗で最終戦を迎えたため勝った方が最高勝率 チームという中で始まった試合はホークスが7-4で逃げ切って 史上初の3年連続最高勝率のタイトルを獲得した。

 試合は1回に4番に入った松田宣浩のラッキーな内野安打で先制 すると追い付かれた2回には甲斐拓也&福田秀平のタイムリーで勝 ち越し、投げては山田大樹・岡本健・飯田優也・五十嵐良太・嘉 弥真新也・森唯斗・デニス・サファテと7人の投手リレーで粘る カープの反撃を凌いで逃げ切った。

 ホークスとカープは共に12勝6敗の相星だったが直接対決で勝ち 越したホークスが最高勝率となったのだ。

 今年のホークスの交流戦成績は一昨年同様12勝6敗で隔年ホーム &アウェーの3連戦システムになってから全てホークスが最高勝率 だが、これは結果的に2勝1敗ペースで進めたという事になる。

 今年のホークスはドラゴンズとのホームゲームでスタートして、 6月6日からのスワローズ戦で3連勝したのに対し13日からのジャ イアンツ戦では1勝2敗と負け越したものの残りの4カードは全て 2勝1敗で勝ち越している。

 つまり大型連勝するのではなく3連戦を きっちり2勝1敗ペース で戦っていけば最高勝率にこぎ着けるという事が分かるだろう。

 不思議な事に負けた試合を‘この試合は勝たなければいけなか った’的な書き方をするスポーツ紙をはじめとしたメディアだが、 1カード3連戦ともなると3連勝するのは至難の業なので大型連勝 というのは難しくなるので2勝1敗ペースを守る必要がある。

 唯一負け越したジャイアンツ戦は13連敗明けでドン底から抜け つつあるジャイアンツに対し内川聖一に続きアルフレッド・デス パイネまで抜けて一旦リズムが崩れた状態では勝ち越すのは難し いし、それでもG3をしっかり勝って3連敗だけは避ける事ができ たのが最高勝率になった要因だと思われる。

 やはり2勝1敗ペースを守るというのは簡単なようで難しいの だと実感する。

 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

6月18日(日)対マリーンズ@東京ドーム【首都圏5球場巨人戦観戦記】

継投によるノーヒットノーラン達成に思う【プロ野球の魅力を語る】

【西武】交流戦を終えて【獅子党のつぶやき】

久々の投稿ですが…【鷹の人生2014】

苦しみながらもチームで掴んだ大きな1勝!【のほほ〜んと、気の向くまま、おもむくままなblog】

よく頑張りました、工藤さんやるねぇ【ホークスを見つつ、他のも見つつ…】

まあ…まあ切り替えやな!【ホークスを見つつ、他のも見つつ…】

長谷川昇格とこれからどうするのか【ホークスを見つつ、他のも見つつ…】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:1131
  • 累計のページビュー:15112061

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss