スポーツ えっせい

高安、大関昇進へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年の大相撲夏場所で11勝を挙げて3場所合計34勝とした関脇・ 高安が今日、正式に大関昇進が決まった。

 強烈なぶちかましからの突っ張りや押しを得意とするだけでなく 左四つからの寄りも得意で、兄弟子の稀勢の里の胸を借りて地力を 付けてきた感じだ。

 最初の大関取りの場所となった昨年の九州場所では7勝8敗と負け 越して一からやり直しになったのだが初場所11勝、春場所12勝と来 て今場所は日馬富士に勝っての11勝で通算34勝となったわけで 堂々たる大関昇進だ。

 これで現役大関は照ノ富士と豪栄道に続く3人目になるのだが 一時は横綱昇進間違いなしといわれた照ノ富士は今場所も結果的 に優勝争いはしたものの持病の膝のケガがいつ酷くなるか分から ないし、豪栄道もケガ持ちで今場所もカド番となっているなど大 関の座をどこまで守れるかは未知数である。

 つまり2人とも大関の座を守るだけで精一杯の状態だから横綱 昇進などは厳しいのに対し、高安は兄弟子の稀勢の里同様に体は 頑丈なので今のところケガでガタガタになる事はないだろう。

 そういう意味では安定感がある高安の存在は大関陣にとっても ありがたいわけで、大関どころか横綱もケガ持ちや不安定な取り 口が目立つ事から高安が大関に昇進するというのは価値があると 思うのだ。

 気になるのは今場所も最後の2日間に連敗したような連敗癖で 大関の座を守るだけなら大した問題ではないが、常に優勝争いを して横綱昇進まで狙っているのなら気をつけなければいけないの ではないか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

もうすぐ殿堂式典です〜日本のボクサーも数字ではなく殿堂を目指せ!③【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

観戦記1318 UFC208 アンデウソン・シウバvsデレク・ブランソン【人生マイペンライ】

もうすぐ殿堂式典です〜日本のボクサーも数字ではなく殿堂を目指せ!②【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14822207

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss