スポーツ えっせい

白鵬1年ぶりの復活優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

 横綱・稀勢の里の3場所連続優勝なるかと関脇・高安の大関昇進 なるかというのが焦点だった今年の大相撲夏場所は、昨日1年ぶり 38度目の優勝を決めた横綱・白鵬が千秋楽の今日も横綱・日馬富 士を1分半にわたる熱戦の末に寄り切って全勝優勝で花を添えた。

 先場所左上腕部の負傷を負った稀勢の里は中日まで2敗で凌いで いたものの、9日目に栃煌山に敗れて気持ちが切れたのか琴奨菊に も敗れて11日目から休場してしまう。

 一方で関脇の高安は6日目に玉鷲、10日目に白鵬に敗れたものの 12日目までに10勝目を挙げて大関昇進の目安となる3場所通算 33勝をクリアすると13日目に日馬富士に勝ち大関昇進を ほぼ 確定させた。

 さて今場所の白鵬は初日から快調に白星を重ね横綱・日馬富士と 10日目まで全勝で並走していたのだが11日目に日馬富士が御嶽 海に敗れて単独トップに立つと、失速する日馬富士を横目に危なげ なく14日目には優勝の望みを僅かに残していた照ノ富士を寄り切 り優勝を決めたのだ。

 昨年の夏場所13日目に稀勢の里との全勝対決を制して37度目 の優勝を飾った白鵬だが次の名古屋場所9日目に勢戦で右足親指 を負傷でペースダウンし優勝を逃すと秋場所は全休する憂き目に。

 続く九州場所では3日目に魁聖を上手投げで破り1000勝を飾 るが後半にペースダウンして11勝に留まると、初場所も同じく 後半に負けが込む内容で九州に続き11勝止まりで先場所は場所 前の稽古で足を負傷し4日目には右大腿筋を負傷するなどで休場 するなどで限界説も囁かれ始めた。

 そんな中で迎えた今場所は場所前から稀勢の里のケガの復調具 合や高安の大関昇進など田子ノ浦勢の話題ばかりが先行し、白鵬 の復活という要素は今ひとつ話題に上ってなかったので溜飲を下 げた形だろう。

 この優勝が年齢を重ねて2段ロケットのように加速するプロロ ーグなのか、それともロウソクが燃え尽きる前の最後の輝きに なるかは来場所以降の相撲ぶりで分かるだろう。  



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

村田vsエンダムの判定騒乱〜ボクシングの判定は絶対に変わらなければならない③【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

村田vsエンダムの判定騒乱〜ボクシングの判定は絶対に変わらなければならない②【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

観戦記1316 東洋太平洋ヘビー級王座決定戦 藤本京太郎vsウイリー・ナッシオ【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14828531

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss