スポーツ えっせい

Uー20日本代表、決勝トーナメント進出決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

 韓国で行われているサッカーU20W杯はグループステージ3試合 目を迎え、日本代表は今日行われたイタリア戦で0-2から堂安 律の2ゴールで引き分けに持ち込んで勝ち点を4としD組3位で決 勝トーナメント進出を決めた。

 エースの小川航がケガで離脱しピンチに陥った日本はイタリア から開始早々の3分と7分に立て続けにゴールを決められ0-2と リードを許すが、22分に堂安のゴールで1点差に迫ると後半開始 早々の50分に再び堂安が決めて2-2に追い付き結果的に引き分 けに持ち込んだ。

 この結果グループステージ全日程を終えたのが4つだが日本と 同様1勝1敗1分の勝ち点4を挙げたのが日本以外ではBのドイツと Cのコスタリカで、ドイツが得失点差は-1ではあるが総得点は3 だから日本の4を下回っているので日本の方が上に行く。

 更にEの3位ベトナムは勝ち点1で得失点差が-4、Fの3位サウジ アラビアは1勝1敗の勝ち点3で日本と同じく得失点差は-1ではあ るものの総得点が2だから日本の方が上回っている事から日本は 3位ながら決勝トーナメント進出を決めたのだった。

 今大会は初戦で南アフリカと対戦し先制されたものの後半に 2点を挙げて逆転勝ちしたが、2試合目はウルグアイ相手に先制 された後に押し込みながら得点できず最後はロスタイムにも2点 目を奪われて痛恨の1敗。

 これが0-1の負けなら得失点差が0に過ぎなかったのだが2失 点目のおかげで-1になってしまい、最終戦のイタリア戦が厳し いものだというのが想像できた。

 イタリアは初戦でウルグアイに0-1で敗れるが2試合目の南 アフリカ戦で2-0で快勝し日本戦を迎えるのに対し、日本は 初戦の南アフリカ戦で同点ゴールを決めたエースの小川が負傷 して今大会絶望になった事から苦戦が予想されていた中での2 失点だから1勝2敗でも決勝トーナメント進出できるとはいえ 得失点差が-3では厳しいと思われた。

 典型的なイタリアのペースと思いきや堂安の2ゴールで引き 分けに持ち込めたのだから、日本のポテンシャルは決して劣っ てないのが分かる。

 これで決勝トーナメントの組み合わせはA組1位のイングラ ンドかB組1位のベネズエラとの対戦が予想されるので、何と か素晴らしい経験を積むためにも1試合でも多く戦う必要があ るのだろう。

   



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

多士済々、波乱含みの代表メンバー。【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

親善試合のシリア戦とW杯予選のイラク戦へ向けてのメンバーについて。【FCKSA66】

【浦和レッズ】宇賀神友弥「捲れ」【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:4672
  • 累計のページビュー:14942408

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss