スポーツ えっせい

高校野球・大分県代表が勝てないのは

このエントリーをはてなブックマークに追加

 神村学園の優勝で幕を閉じた今年の春季高校野球九州大会だが、 最近の九州の勢力図を見ると大分代表の低迷が目に付く。

 昭和40年代は津久見が九州勢唯一の春・夏での優勝を飾っている だけでなくベスト8も1度あるし、ライバルの大分商も春夏通じて 3度のベスト8に入っているだけでなく夏の甲子園での初戦敗退は 3度というように九州勢のエース的な存在だった。

 それが最近の10年間では07年の楊志館と09年の明豊がベスト8 に入ったのが最高で、11年夏に明豊が初戦を突破した後は5年連続 初戦敗退だし春に至っては12年の別府青山以来出場がないのだ。

 更に負け方も12年の杵築が常総学院に0-14、13年は大分商が 2-8、15年は明豊が仙台育英に1-12、昨年は大分が中京に4- 12で敗れており最も競ったのは14年に大分が日本文理相手に6回 まで2-2の2-5での敗戦だから大いに残念な話。

 ここまでの低迷は強かった頃の強化法のノウハウを今でも引き ずっているのが原因ではないか?

 例えば昭和40年代に3度ベスト8に進出した時の監督を迎えた 大分商が97年の春夏に出場した時には割り当てられた練習時間 では飽き足らず更にグランドを探して練習をしようとしたし、 投手に至っては連日200~300球の投げ込みを平然としていた 事が話題になっていた。

 しかも監督は‘高校野球の理想のスコアは1-0なのに最近の 高校野球は点が入り過ぎるし、長打が出過ぎで野球が乱れてい る’と語るなど昭和スタンダード全開のコメントをしていた。

 いろんな価値観が認められている現在では大分商のスタイルも チームカラーとしては面白い存在ではあるが、春夏共に初戦を突 破したものの2勝できないでは説得力がない。

 それだけではなく00年夏に出場した中津工はエースの長谷川が 0-1でリードされた8回に脱水症状から足を痙攣させ降板したの だが、脱水症状に陥った原因として‘水を飲むとバテると思った’ というコメントをしていたのには驚いた。

 投手本人が仮に水を飲むとバテると考えていても監督をはじめ とした指導的立場の人間が強制的にでも水を飲ませなければいけ ないのだが、脱水症状を起こした当人だけでなく指導者達も同じ 考えでいるとしか思えない。

 おりしも3年前の中学の体育実技本にはうさぎ跳び以外にも90 度以上膝を曲げるスクワットや、完全に体を倒す腹筋運動なども 含まれていたし投手の球数も中学までは70球が限界とされている 時代になっている。

 たしかに昭和の成功体験は貴重だろうが時代が変わると共に 教え方のスタンダードも変わるのだから、指導者達もアジャス トする必要があるし時代のスタンダードから外れた練習法では 絶対に勝てない。

 それを考えると大分県の高校野球を強化するには鍛治舎 巧 監督のような優れた人材を他県からでも招聘するぐらいでなけ れば立て直せないのではないだろうか。

 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017年春季埼玉県大会2回戦(浦和学院×聖望学園 春日部共栄×越谷西)【北のお部屋】

清宮&野村計4発!4時間7分究極乱打戦!日大三下し早実35年ぶり春制覇!アメーバTV大成功!関東大会決勝再戦は!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦 対日大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

春季高校野球九州大会から見えるもの【スポーツ えっせい】

第89回選抜が終わって【高校野球観戦日記】

平成29年度 名寄支部高等学校春季バスケットボール大会@名寄市スポーツセンター 終了しました。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

甲子園大会の出場校は偶数が いい【スポーツ えっせい】

秋田さんしてやったり 〈2017 3.27 市岐阜商ー県岐阜商〉【藤本バント ムーアタイムリー】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:6882
  • 累計のページビュー:14667738

(08月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss