スポーツ えっせい

何としても成功させたい村田諒太式強化法

このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月20日に有明コロシアムでロンドン五輪ミドル級金メダリスト の村田諒太が、1位のハッサン・エンダムとWBAミドル級王座決定 戦を行なう。

 ロンドン五輪で金メダルを獲得して1年後にプロ入りし4年目の 今年、遂に世界戦を行なうのだから要注目なのは間違いない。

 面白いのは村田の世界戦までの12戦のうちデビュー戦でOPBF 王者の柴田昭雄と戦った以外は日本人選手はおろか、東洋圏の選手 とも戦わずにキャリアを積み上げて世界ランクをアップさせて臨む という事。

 これまでは基本的に新人王から始まり日本、OPBFと段階を踏んで 世界ランクに入り世界タイトルに挑戦するというのが王道で、特に 村田が所属する帝拳ジムは その法則を守ってきたし日本人選手と対 戦せずに外国人選手ばかりに勝って世界タイトルに挑戦というのは 邪道と言われていた。

 日本人初のミドル級王者の竹原慎二も例外ではなく日本からOPBF とステップアップし、ホルヘ・カストロへの挑戦にこぎつけて勝った わけである。

 しかし竹原は世界戦までにオーストラリアを含めた東洋圏の選手 としか対戦せずに強敵とはいえ比較的相性のいいスタイルのカスト ロに挑戦できる幸運に恵まれたものの、初防衛戦では本場のミドル 級ボクサーのウィリアム・ジョッピーのスピードに翻弄され完敗し 6ヶ月後にタイトルを失った。

 考えてみればミドル級の本場はアメリカやヨーロッパなのだから 欧米の選手との対戦経験もなしに世界挑戦し運よく勝てても防衛を 続けるのは難しい事を証明した形だから、ミドル級あたりで世界を 相手に戦うなら欧米の選手との対戦や海外での試合に慣れる必要が あるのは自明の理だ。

 よくしたもので村田はデビュー戦でノンタイトルとはいえOPBF 王者の柴田に1Rからダウンを奪うなど一方的な展開で2RでTKO 勝ちしており、国内はおろか東洋圏の選手相手に戦っても意味がな いわけで2試合目以降戦った相手が全て東洋圏以外の選手というの も頷ける。

 ちなみに村田の試合は12戦中 日本で7試合、アメリカで2試合、 中国&香港で3試合と分散されているし対戦相手の国籍もアメリカ &メキシコが3人づつでブラジルが2、ニュージーランドが1とい う具合に分散されている。

 こうしてみると国内でキャリアを積んで日本、OPBFとステップ アップしていくのはフェザー級あたりまでで、東洋圏とはレベルが 違うライト級以上の場合は村田と同じく欧米人相手にキャリアを積 むようにしないと運よく世界タイトルを取れても長く防衛するのは 難しいだろう。

 そういう意味では村田が勝つ事によって この強化法が定着するか どうか決まるので、何としても勝って欲しいものだ。

 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1299 RIZIN Fighting World Grand-Prix 2016 宮田和幸vsアンディ・サワー【人生マイペンライ】

新店舗はプロレスグッズが売れる!? チケット&トラベルT-1はJR水道橋駅近くに移転【極上の“T-1二見激情”見参】

【世界交代か】アンソニー・ジョシュア対ウラジミール・クリチコ【揺り戻しか】【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:3289
  • 累計のページビュー:14701226

(08月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss