スポーツ えっせい

トラックレース強化がマラソン強化につながる事を大迫傑が証明

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本時間の昨日深夜に行われたボストンマラソンで、日本の大迫 傑が2:10:28のタイムで3位に入った。

 初マラソンながら序盤から先頭集団の中で落ち着いてレースを展 開し35㌔過ぎにジェフリー・キルイらが抜け出した後も、しっか り追いかけて結局優勝したキルイから51秒差の3位でゴールした のだがボストンマラソンでは87年に瀬古利彦が優勝して以来30年 ぶりのトップ3という快挙だ。

 大迫は早稲田時代に箱根駅伝などでも活躍し卒業後は日清食品に 就職していたものの、一昨年トラックでのスピードを磨くためアメ リカに拠点を移して5000mで日本新記録を樹立。  昨年のリオ五輪では5000mで予選敗退し、1万mでは優勝した ファラーとは45秒差の17位に入るなどトラックでの実績を積ん でおり今年のロンドン世界陸上では1万mでの出場を表明して いたので今回のボストンマラソン参戦は意外ではあった。

 ただし高岡寿成のようにトラックでスピードを磨きマラソンに 参戦するという形だったので、距離に対する不安さえなければ何 とかなると思っていたが3位に入るのは予想外だった。

 以前からマラソンで世界のトップ相手に戦うにはトラックでの スピードが必要不可欠と思っていたし、実際にトラックから転向 した瀬古やバルセロナ五輪・銀メダリストの森下広一らだけでなく ロード出身の宗兄弟や中山竹通らも1万mの記録はトップ10以内 の地力を持っていた。

 実際に日本記録を持つ高岡はシドニーでは1万mで7位入賞した だけでなく、5000mでも決勝に残れるスピードを持っていたわけで 今回の大迫がトラック出身という事を見ればマラソンで世界と戦う にはトラックでのスピードが必要不可欠という事が立証された。 

 巷では日本マラソン界の低迷は駅伝が元凶という説があるのだが 個人的には駅伝が悪いのではなくトラックでスピード、ロードでス タミナを鍛える事なく駅伝に特化したランナーばかり輩出している 事こそマラソン快低迷の原因だし先日引退を表明した柏原竜二など 典型ではないだろうか。

 どうしても実業団では駅伝に特化した練習が主になるのでトラッ クのスピードを磨くためにアメリカに渡った大迫の挑戦は、大成功 だったのではないかと思うのだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック競技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017年度新体制~東海大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

2017年度新体制~駒澤大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

2017年度新体制~法政大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:6257
  • 累計のページビュー:14278641

(05月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss