スポーツ えっせい

競泳の日本選手権が終了

このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月13日から4日間にかけて行われていた競泳の日本選手権が 昨日で終了し池江璃花子が50&100&200m自由形と50&100m バタフライの5種目を、リオ五輪の金メダリスト・萩野公介が 200m個人メドレーと自由形に背泳ぎに400m自由形の4種目を 制するなど複数種目での優勝が光った。

 リオ五輪代表の池江はリオでは100mバタフライの5位が最高 だっただけに自由形というのは厳しいだろうが、何とか1種目で も多く決勝に残って欲しいもの。

 プロ転向第1戦で注目された男子のエース・萩野は肘の手術に よるブランク明けの大会で初日の400m個人メドレーではライバ ルの瀬戸大也に競り負けたが、残りの200m個人メドレーや200m 自由形と個人メドレーに背泳ぎで優勝するなどタイム的には今一 つかもしれないが勝負強さは見せつける事ができただろう。

 今年に入って男子200m平泳ぎで世界新記録を出し一気に注目を 集めた渡辺一平はライバルの小関也朱篤に競り負けるなど、ここ 一番での勝負強さを期待したい。

 嬉しかったのが女子の個人メドレーで大橋悠依が400で日本記録 を一気に3秒以上縮める活躍で優勝し、その勢いで200も勝って2冠 を達成するなど新たな戦力が台頭した。

 また女子平泳ぎでも青木玲緒樹が100mと200mの2冠を達成して ポスト・金籐をアピールしているので、今年不調の渡部香生子が 復調すれば平泳ぎ陣は盤石になるのではないか。

 残念だったのは男子100mバタフライが参加標準記録をクリア できず、リオからの課題である100m系の強化が道半ばという事 だろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック競技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

競泳日本選手権が開幕【スポーツ えっせい】

「育成の信念と信頼」第33回 日本身体障がい者水泳選手権大会【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

水泳部(競泳)・FINAワールドカップ2016東京大会【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:1797
  • 累計のページビュー:14937737

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss