スポーツ えっせい

競泳日本選手権が開幕

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月にハンガリーのブダペストで開催される競泳の世界選手権の 代表選考を兼ねた今年の競泳日本選手権が、今日から開幕し初日に 行われた男子400m個人メドレーではリオ五輪・金メダリストの 萩野公介はライバルの瀬戸大也に0,01差で敗れ2位になったものの 代表に決まった。

 ライバルの2人だが400m個人メドレーでは瀬戸は萩野に勝った 事はなく、今回の日本選手権で瀬戸は初優勝となったわけである。

 ただし萩野がリオ五輪終了後に4年後に備えて右肘の手術をして の大会だったのに対し、瀬戸はW杯を転戦するなど自信を付けて臨 んでのレースだっただけに こういう結果も当然ではある。

 リオ五輪の競泳陣は男子400m個人メドレーで萩野公介、女子 200m平泳ぎで金藤理絵が金メダルを獲得しただけでなく男子200 m個人メドレーで萩野、男子200mバタフライで坂井聖人が銀を 男子400m個人メドレーで瀬戸大也、男子4×200mリレーに女子 200mバタフライで星奈津美が銅メダルと7つのメダルを獲得。

 ただし日本のお家芸ともいえる平泳ぎやメドレーリレーでメダル を逃すなど必ずしも100点満点の結果ではなかったわけで、4年後 の東京五輪までに100m系の種目の強化が課題になっていた。

 そういう意味では今日の種目である男女の100m平泳ぎでは女子は 青木玲緒樹がロンドン五輪のメダリスト・鈴木聡美に勝って優勝し、 男子は小関也朱篤が200m平泳ぎで世界記録を出した渡辺一平に勝ち 渡辺以外の3人が代表に選出された。

 女子では22歳の青木が勝ったのは嬉しいが男子では小関が勝った ものの、渡辺が200mのスペシャリストとはいえ参加標準をクリア できなかったのは残念だ。

 とりあえず今大会はリオで経験を積んだ池江璃花子や今井月らが どこまでレベルアップしたのか、なども楽しみにしたい大会である。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック競技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

「育成の信念と信頼」第33回 日本身体障がい者水泳選手権大会【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

水泳部(競泳)・FINAワールドカップ2016東京大会【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

マイナー競技を楽しんでみようvol.1 3m飛び板飛び込み【Armar know Jack Bigwild】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15112061

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss