スポーツ えっせい

宮本慎也と谷繁元信の敗因分析の違いについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月31日からプロ野球が開幕しWBCの熱気を引き継いでいる中で NumberのWBC特集号を購入して読んでいたのだが、日本代表が優 勝を逃した原因を宮本慎也と谷繁元信の目で検証していた。

 面白いのが宮本が‘菊池や松田らのミスは責められない’と語ってい るのに対し、谷繁は‘彼らには酷なようだが日本が勝つには1-0でな ければ無理だからミスが全て’的な分析をしていたのが印象的だった。

 個人的にはアメリカ戦の敗因は動くボール=ムービング系を打てな かった事に尽きるし、以前も記したように日本が国際試合で勝った試 合での最低得点は今回のオーストラリア戦の4点というように1-0で 勝つというのは現実的ではない。

 谷繫は‘打つ方は成功しても3割だが、守りは100%に近付ける事が できるのでミスをなくす事が国際試合で勝つ絶対条件’と語っている わけで、これなど国内野球的な考え方だと実感したし考えてみれば 谷繫はWBCには第1回こそ参加しているが出場したのはアメリカ戦 ぐらいだから野球の国際的なセオリーというのが分かってないのだ ろうと思ってしまう。

 今回のように雨の降ったドジャーススタジアムでのプレーでは 内野に天然芝のある球場に慣れているMLBの選手ですらミスをしや すいわけだし、そもそも野球にミスは付き物なのだからフォローす る意味でも1点でも多くの得点を取る必要がある。

 宮本が菊池や松田のミスは責められないと語ったのも正しくそう いう事だろうと思うし、宮本の方が谷繫よりも国際試合を多く戦っ ているからこそ出たコメントではないだろうか。

 今回のWBC報道を見ると従来ならミスをした菊池や松田達がバッ シングされる事なく、ムービング系のボールを打てなかった事の方を 重要視しているのでファンや報道系の目線も進化しているのではない かと思うのだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

7つの論点から振り返るWBCの総括や未来の話【世界の野球】

2009WBC投手コーチ、山田久志さんに聞く-6-【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

【4月1日】アイルランド、「第2のイスラエル」目指す!!MLBコミッショナーと直談判へ【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:8073
  • 累計のページビュー:14553433

(07月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss