スポーツ えっせい

WBC優勝には‘脱ドーム&人工芝’

このエントリーをはてなブックマークに追加

侍日本、痛恨の守備 米国に1−2、準決勝で敗れる

 日本時間の今日LAのドジャーススタジアムで行われたWBCの 準決勝で、日本代表はアメリカに1-2で敗れ2大会連続ベスト4 敗退となった。

 LAでは珍しく雨がそぼ降る中で始まった試合は3回まで菅野智 之がアメリカ打線を1安打に抑えていたが、4回に菊池涼介のエラ ーで出したランナーをタイムリーで返されて先制される。

 日本も6回に菊池のHRで追い付くが8回に2イニング目の千賀 が短長打を浴びた1アウト2・3塁から3塁ゴロを松田が弾く間に勝 ち越され、その裏の2アウト1・2塁のチャンスでも筒香が倒れて得 点できずに敗れた。

 ミス絡みではあったものの日本の投手陣の2失点というのは相手 打線との兼ね合いを考えれば及第点だから、散発の4安打の1点で クリーンアップがノーヒットに抑え込まれたというのが最大の敗因 だし以前も記したように国際試合で日本が勝つには5点をノルマに しないといけないというのが分かる。

 雨が少ないLAで雨がそぼ降るコンディションというのは正直言 って嫌な感じがしたし、決勝点につながった松田のジャッグルも人 工芝のドーム球場慣れしていたゆえの感じだ。

 思えば最初の2大会は2次ラウンドからアメリカで戦っていた事 から天然芝の内野をはじめとしたアメリカの環境に慣れる時間が確 保されていたので、人工芝のドーム球場慣れした内野手にも馴化す る期間があったしミスが出ても負けが許される2次ラウンドだから 致命傷にはならずに済んだ。

 しかし前回大会からアメリカで戦うのは準決勝以降という事で、 いくらアリゾナで練習試合ができても準決勝以降の球場と環境が モロに違うので天然芝の内野に慣れてない状態ゆえのミスが出る と厳しいものがある。

 日本では国際試合は開催時期や雨天順延のリスクを考えるとドー ム球場ばかりを使用し、マツダスタジアムのような内野に天然芝の ある屋外球場が使われないのが現状だ。

 WBCが次回以降もアメリカラウンドは準決勝からというシステ ムが続くなら、日本も収益を度外視してでもマツダやサンマリンの ような内野に天然芝がある屋外球場で強化試合を行う必要があるの ではないだろうか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

小久保監督お疲れさまでした【明日は明日の風が吹く】

感動をありがとう!侍ジャパン!【ハマキューベイライン】

残念!【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15058632

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss