スポーツ えっせい

ローマン・ゴンサレスの敗戦でパッキャオの偉大さを実感する

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日NYのMSGで行われたWBC:Sフライ級タイトルマッチで 全階級通じて最強といわれる王者ローマン・ゴンサレスが、 1位のシーサケット・ソールンビサイに0-2の判定で敗れて タイトルを失った。

 4階級を制覇したゴンサレスだが1R開始早々にダウンすると 3Rにはバッティングで右目尻から出血し、これに悩まされなが ら戦ったためペースを握れず終盤から反撃に転じ逆転勝ちかに 思われたが113-113が1人と112-114が2人の0-2という結果 だった。

 もともとミニマム級上がりのゴンサレスはフライ級でも少し 体格負けすると言われていたが、昨年4階級目となったSフライ ではカルロス・クァドラスに判定勝ちしたものの かなりのダメ ージを被っていた感じだし際どいものだったのでSフライ不適合 説が言われていた。

 今回の相手シーサケットは地元タイで佐藤洋太にTKO勝ちして タイトルを奪取した事で有名ではあったが、その前に八重樫東 などにも敗れておりタイで戦わなければ そこまで危険な相手 ではないという予想だったのだ。

 たしかに1Rのダウンはバッティング絡みの不運なものでは あったものの体負けしていた感は否めないし、このままスー パーフライで戦い続ければ遅かれ早かれ敗れるのは時間の問 題だったのかもしれない。

 これで井上尚弥が望んでいた年内の統一戦も流れるわけで、 日本ボクシング界にとっても決していいものではない。

 こうして見ているとフライ級からSウエルターまでの6階級を 制し、ビッグマッチで勝ち続けたマニー・パッキャオの凄さを 改めて実感するのだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

井上尚弥は我が道を進む【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

コーチ役と、関取復帰の夢。頑張れ、大岩戸。【幕下相撲の知られざる世界】

ロマゴン衝撃の陥落 試合を振り返る【横浜スポーツ紀行】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:1875
  • 累計のページビュー:14160263

(05月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss