スポーツ えっせい

WBCでは打ち勝つべし

このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ明日からキューバ戦を皮切りにWBCの日本ラウンドが 始まるのだが、日本代表が心がける事は最低5点を得点ノルマと するべきだろう。

 プロが参加し始めた大きな国際試合はシドニー・アテネ・北京 五輪と3度のWBCがあるのだが、日本が勝った試合で1-0という 試合は北京のカナダ戦のみで特にWBCでの勝ち試合は最低でも5 点は取っているという事。

 日本では1-0や2-1というスコアが‘引き締まった好試合’ と喜ばれ、8-7のような1点差でも点の取り合いは‘大味な試 合’とネガティブに語られる傾向が強いわけだが、1-0勝ちは 1度でアテネの準決勝でオーストラリア相手の0-1や第1回WBC 2次ラウンドの韓国戦の1-2などロースコアの競り合いでは不 利というデータがある。

 特に明日対戦するキューバ戦はWBCで勝った試合では第2回の 6-0、5-0と完封勝ちではあるものの5点以上取っている事を 忘れてはいけないし、アテネ五輪でも6-3と最低でも5点は取 っているのだ。

 今大会の日本代表の評価が低いのは先発投手陣が第1回の上原 浩治や松坂大輔に第2回のダルビッシュ有や岩隈久志に、第3回 の前田健太や田中将大らに比べてMLBで通用しそうな投手が菅野 智之ぐらいという陣容というのも原因だろう。

 基本的に日本のメディアはチームのレベルを投手力に求める ため、こういった評価になりがちだが最近は高校野球でも投手 力のみに依存したチームが優勝する事はまずない。

 逆に言えば打線は誰もが納得するメンバーが選出されている ので投手陣の評価が今一つだからこそ、しっかり打って投手陣 を援護するという必要性が求められる。

 日本の野球は投手依存型なので投手が好調だと打線は2~3点 ぐらいで安心してしまうという傾向が強く一昨年のプレミア12 の準決勝の韓国戦などは典型的な例だろうが、今回の野手陣は その失敗を経験しているので投手陣の評価が今一つという事も あり1点でも多く取るという貪欲さを肝に命じるべきだろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

安美錦×甲本ヒロト!【Sports Writing Report】

キューバナショナルチーム写真館【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

集結セヨ! 来日外国人選手が第4回WBCに続々参戦! プールB 編【来日外国人マニア】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14402693

(06月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss