スポーツ えっせい

小平奈緒、世界スプリント総合優勝の快挙に思う事

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本時間の2月26日と27日の2日間にわたってカルガリーで 行なわれていたスピードスケートの世界スプリント選手権で、 小平奈緒が日本女子初の総合優勝を果たした。

 男子も含めて日本人選手では83年&87年の黒岩彰以来の快挙 というだけでなく2日間で500mと1000m2本づつ滑る大会で、 最後の1000mで3位だった以外は全て1位だった事から4レース のタイム得点では世界新記録という快挙付きだ。

黒岩の場合は初日に500m2位、1000m5位の総合2位から2日 目に500mと1000mを共に2位で逆転しての優勝だったのだから 小平の凄さが分かるだろう。

 小平といえばバンクーバー&ソチと2大会連続で五輪に出場して 入賞はしているもののメダルには届いてないので入賞以上、メダル 以下というタイプだと思っていた。

 ソチでメダルを逃した後に2シーズン続けてオランダを拠点にし て活動したわけだが、オランダはソチでは大活躍したスケート王国 だけに効果は絶大で特に1000mがしっかり強化された形だ。

 最近低迷している男子が500mでしか活躍できそうもないのに対し 小平の場合はもともと1000mでも活躍できていたのが強みで、2日間 で4レースを行なう世界スプリントでは1000mで結果を残せないと勝 てない。

 以前の1000mは500mのスピードを維持できるタイプが有利といわ れていたのだが最近は1500mのスプリント力がある選手が1000mで 勝ちだしたばかりか、ソチでは中長距離王国のオランダが500mにも 進出してきたという事はスプリント力のある1000mの選手が500mで 勝っているという事になる。

 小平の凄さは中長距離選手で構成される団体パシュートメンバー にも入ってバンクーバー五輪では銀メダルを取っているのだから短 距離のスピードと中距離の持久力を兼ね備えているわけで、500mの スペシャリストでは勝てなくなっているので1000m~1500mで活躍 できる選手を育成するべきだろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック競技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アジア大会で勝って平昌五輪に繋がるとは思えないのだが・・・【スポーツ えっせい】

ジャンプ混合団体 高梨沙羅と葛西の競演ならず…メンバーは伊藤有希、伊東大貴、竹内拓(ノルディック世界選手権2017)【0 to zeroのhorizon】

女子ジャンプ、伊藤有希は銀メダル、高梨沙羅は銅メダル!(ノルディック世界選手権2017)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:5001
  • 累計のページビュー:14000055

(03月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss