スポーツ えっせい

せっかくBSがあるなら生中継を

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日男子テニスのATPリオOPで錦織圭が初戦で地元ブラジル のトマシュ・ベルッシに4-6、3-6とまさかのストレート負けを 喫するという波乱が起きた。

 前週のアルゼンチンOPでも決勝で格下といわれ過去負けなし だったアレクサンドル・ドルゴポロフにストレート負けした流 れを引きずった形で、かなり深刻な状態だが5月下旬に行なわ れる全仏OPまでに何とか立て直してもらいたいもの。

 さて今回のリオOPはBS朝日が放映権を持っていたようで19:00 から録画中継したのだが勝てるはずの相手にストレート負けでは、 よほどの錦織ファンでもない限りチャンネルを合わせないだろう。

 最近は無料で見る事ができる民放のBSが普及しWOWOWやスカ パーなどの有料チャンネルもできたので、これまで見る事が難しかっ たスポーツ中継も見られるようになり嬉しい限りなのだが民放BSの 場合は何とも活用法がお粗末である。

 最近はネットの普及で海外で行なわれる日本人選手の試合やビッ グゲームの途中経過を速報で知る事ができる反面、視聴率に拘る地 上波はゴールデンタイムに流したいので録画中継やディレー中継と なるのだが結果を知って見るハメになるため新鮮味に欠ける。

 その点BSなどでは地上波ほど視聴率に拘らなくていいのだから、 冒険ができるわけで地上波ではOAできないような試合を生中継す る事が可能だ。

 実際WOWOWはテニスの4大大会やデビス杯だけでなく、あら ゆるジャンルの大会を生中継して人気を博しているわけだ。

 だから昨日の錦織の試合などもBSならば生中継ができるはずだが 民放はBSでもやろうとしないのだからタチが悪いし、こういう局が 地上波でスポーツ中継をしても見る気がしない。

 やはりBSを持つなら通販番組や海外ドラマばかりをOAするの ではなく海外で活躍する選手が増えている時代なので、こういった 海外での試合を録画中継するのなら生中継をしないと意味がないの ではないか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「せっかくBSがあるなら生中継を」へのコメント

生の多額の放映権は他社が持ってるんでしょ。録画でも放送してくれてることをありがたく思わないと。スカパーだってjリーグ放送したかったのに権利取れないせいで、コンテンツ持って行かれてるのよ。

せっかくBSがあるなら生中継を

大賛成です。スポーツは実況をみてこそ、価値があると思います。喜び、興奮、落胆を感じてこそ、ますますのめり込んでいきます。ましてや 日本人が戦っているのですから、テニス絶対生中継してほしいです。せめて錦織圭選手のようなランク上位の選手がいる期間だけでも、生中継ほしいです。

こんな記事も読みたい

良い時間を貰ったと捉えようか【akimizuブログ】

ラケット破壊から得るもの 錦織圭選手【スポーツ身勝手解説ブログ】

【2017ATP500リオ】錦織選手初戦敗退。この瞬間ベルーチの方が強かった、、、【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:5834
  • 累計のページビュー:14687868

(08月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss