スポーツ えっせい

またしても決勝で敗れた錦織圭だが

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本時間の今朝行われた男子テニスのアルゼンチンOP決勝で、 第1シードの錦織圭はアレキサンドル・ドルゴポロフに0-2の ストレートで敗れ昨年2月のメンフィスOP以来の優勝を逃した。

 1月に行われた全豪OPから次のグランドスラムである全仏OP まで間があるし全仏がクレーコートで行われる事から、クレーコ ートに慣れるために2月3日から行われたデビス杯や4連覇中だっ たメンフィスOPにも敢えて欠場し臨んでいた。

 決勝までの間に第2&第3シード選手が敗れるなど錦織の優勝が 確実視される中での完敗なので意外だし、マスコミは66位のドル ゴボロフを格下と見なしていた事から‘格下相手に不覚’と書い て不安を煽っている。

 ただ今回の錦織は準決勝までの3試合で準々決勝のソウザ戦こそ 74分での快勝だったが初戦と準決勝は地元アルゼンチン選手との 完全アウェーの中で対戦し、慣れないクレーコートでいずれも第1 セットを失ってからの逆転勝ちと消耗しての決勝進出だったわけ でコンディション的に厳しかったのだろう。

 錦織のような運動量で勝負する選手にとって疲労こそが最大の 敵になるわけで、相手は徹底的に研究して臨むのだから10回のう ちの1~2回が決勝で起きる可能性は高い。

 つまりベスト8でソウザと戦った時のコンディションならドル ゴボロフにも勝ったのだろうし、決勝のコンディションならば ソウザに負ける可能性はあったのではないか。

 全仏OPはクレーだけでなくツォンガを筆頭にホームでの大声 援をバックにした選手達と戦うケースが多いので、厳しい南米 でのアウェー戦はフランスOPに勝つためのいい経験だから次の リオOPには今回の決勝での敗戦をいい糧にして臨んでもらいた いもの。

 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

錦織が2月のクレー2戦目へ。初戦は地元ブラジルのベルッチ。【Fight!! Kei NISHIKORI】

ATP現役選手の歴代に占める地位〜勝ち星数から考える〜【コラムン】

今回に錦織選手の試合の感想(データなし)と強い選手の条件【世界中放浪コーチの感想】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14033239

(03月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss