スポーツ えっせい

羽生結弦に強力なライバル出現も

このエントリーをはてなブックマークに追加

 16日から平昌で開催されていたフィギュアスケート四大陸選手 権が今日で終了し女子シングルスは昨日SPで4位だった三原舞依が フリーで逆転優勝したのに対し、男子シングルスはSP3位発進の 羽生結弦がフリーで206点台を出したもののネイサン・チェンに 逃げ切りを許し2位だった。

 今大会は来年開催される平昌五輪の会場を使ったプレ大会という 位置付けのため例年以上に注目を集めていたのだが、正直言って今 シーズンに限って最も重要なのは3月に開催される世界選手権とい う事を忘れてはいけない。

 五輪の前年に行われる世界選手権は、最大で3人という五輪出場 枠がかかるので4年間でも最もプレッシャーのかかる大会になる。    全ての大会に勝つのが理想ではあるものの四大陸選手権で優勝し ても世界選手権でダメだったら意味が無いわけで、羽生のような実 績がある選手にとっては今大会は調整試合という位置付けだろう。

 一方でチェンや宇野のような若手選手は格好のアピールの場だか ら、これに勝って勢いを付けて世界選手権に臨む必要があるわけで 結果に拘るのは当然だ。

 ただ今大会のチェンを見ていると羽生が台頭してきた頃のような 勢いがあるわけで全体的にも一気にレベルが上がったと実感するし、 ソチで羽生が金メダルを獲得した頃は羽生がコンディションさえ崩 さず普通にやれば平昌でも金は確実と思われていたが一気に予断を 許さなくなったのは確実だ。

 とはいえ競技としては羽生の無敵状態というのは決して好ましい ものではないだけに、新たなるライバル出現は羽生本人のためにも 更なるレベルアップが見込まれるのだから決して悪い事ではない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック競技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

湯浅直樹16番スタート、小山陽平出場ならず サンモリッツ世界選手権 男子SL【アルペンスキー撮影記】

ミカエラ・シフリン3大会連続金 清澤恵美子38位 サンモリッツ世界選手権 女子SL【アルペンスキー撮影記】

マルセル・ヒルシャー金 小山陽平42位 サンモリッツ世界選手権 男子GS【アルペンスキー撮影記】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:3796
  • 累計のページビュー:14557228

(07月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss