スポーツ えっせい

いつまでも葛西紀明に頼ってはいけないのだが

このエントリーをはてなブックマークに追加

 一昨日と昨日スキージャンプのW杯札幌大会が行われたのだが、 日本勢は葛西紀明が2日続けて2回目に進めず昨日の伊東大貴が 8位に入ったのが最高という低調な結果に終わった。

 高梨沙羅と伊藤有希がW杯総合1位と2位を占める女子に比べて 今シーズンの男子は苦戦続きで、シード権を持った選手が1人も いないという惨状だ。

 マスコミは好調な競技のみを報道するしNHKのBSも女子は毎試 合中継しているのに対し男子の方は札幌大会しか中継がないため 今シーズンのレベル差は今一つ分からなかったが、11日の第18戦 を見たところ葛西紀明が語っていたように世界とのレベル差が広 がってしまったと実感する。

 3年前のソチ五輪でエースの葛西がLHで銀メダルを獲得すると 団体戦でも銅メダルを獲得するなど長野五輪以来のメダルで日本 ジャンプ陣復活を印象付けたものの、葛西と伊東だけでなく竹内 択も平昌では30歳を越えているし唯一の若手だった清水礼留飛は ソチ後はパッとしない状態だ。

 本来ならソチのメダル獲得で上昇気流に乗らなければいけない のに活躍したりマスコミが取り上げるのは葛西の成績のみだから、 清水ら若手の成長が頭打ちになっている事が最大の懸案にならな いといけないのに全く取り上げられてない。

 これは低迷する競技特有の状態でスピードスケートでも同じ時 期に平昌で行われていた距離別選手権で小平奈緒や高木姉妹の活 躍ばかりが取り上げられ、成績が今一つの男子は無視されている ならまだしも五輪が近づくと‘メダル候補’と祭り上げるのだか らタチが悪い。

 とりあえず20日からノルディックスキーの世界選手権が開催さ れるわけで、この大会で男子の低迷具合が目のあたりにされる事 だろう。

 清水礼留飛や作山憲斗に小林潤志郎らの活躍なくして日本ジャ ンプ陣が本当に復活する事はないのだから。

 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック競技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

いつまでも葛西紀明に頼ってはいけないのだが

初めまして。記事を拝読して、仰る通りとつくづく思います。
このままでは、日本の男子のジャンプは葛西選手が引退した後の状況は、ロベルト・チェコンが引退した後世界で戦えるジャンパーがいなくなったイタリアと同じ状況に陥るのは必至です。
男子は、社会人チームに属すると伸びなくなるように思います。
礼留飛くんは、ソチで団体のメダルを獲ったあとはパッとしません。
それ以前にも、「スーパー高校生」と呼ばれた栃本くんや、高校生でトリノ五輪の代表になった伊藤謙司郎くんも、順調なら日本の団体のメンバーに入っていてよい筈。
若手に素質が無いのか、日本の育成システムに問題があるのか、そこのところを突っ込んで指摘できるマスコミが無いのも残念です。

こんな記事も読みたい

アイスホッケー女子のレーティング(2016年末)【konakalab】

ベアト・フォイツとイリカ・ステューエックが金 サンモリッツ世界選手権 滑降【アルペンスキー撮影記】

アイスホッケー女子 ドイツを破って、ピョンチャン五輪・日本代表の第1号!(世界最終予選)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:891
  • 累計のページビュー:15113910

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss