スポーツ えっせい

エステバン・デ・ヘススは強かった

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今から40年前の今日77年2月13日にプエルトリコのサンファン で行われたWBCライト級タイトルマッチで、4位のバズソー山辺は 王者のエステバン・デ・ヘススに6RKO負けし3度目の世界挑戦に 失敗した。

 前年の4月と7月に1階級落としWBC:Jライト級王者のアルフ レッド・エスカレラに挑戦して失敗した山辺は、本来の階級であるラ イト級に戻しての挑戦だった。

 一方のヘススは前年の5月にガッツ石松をプエルトリコに招いて 挑戦し大差の判定勝ちでタイトルを奪い迎えた2度目の防衛戦で、 当時無敵だったWBA王者ロベルト・デュランに勝った事がある実 力者だったため敵地という事もあり山辺には厳しい一戦との予想。

 王者になって貫禄を増したヘススは1Rに右の強打を決めていき なりダウンを奪いペースを握ると、以後も山辺を翻弄して迎えた6R に右で2度倒しストップ勝ちで2度目の防衛に成功した。

 石松戦を見た限りではヘススは速い足とカウンターが特徴だから 得意の打ち合いに持ち込んで、強打を決めるしか勝ち目はないと思 われたがヘススは打ち合っても強く王者になってさらに進化してい たのだ。

 山辺陣営としたらエスカレラに連敗した事からベストウェイトの ライト級に上げて挑戦したいもののWBAが‘石の拳’ロベルト・ デュランだったので、打ち合いに持ち込めば何とかという事から ヘスス挑戦となったのだろうが正しく役者が違ったというべきだ ろう。

 ちなみに この頃Jライト級はWBAがサムエル・セラノでWB Cがエスカレラ、WBCライト級がヘススとプエルトリコ勢が優勢 だったしエスカレラには柴田国明や山辺がセラノにはアポロ嘉男や 丸木孝雄らが苦杯を舐めていたわけでプエルトリコ勢との世界戦は 全敗だったわけだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1271 WBOライトフライ級王座決定戦 モイテス・フエンテスvs田中恒成【人生マイペンライ】

異次元だったテレンス・クロフォード、こんなに強かったっけ?PforPの二位だなと議論【雨の日の日曜日は・・・スポーツ別館】

観戦記1270 THAI FIGHT アムナット・ルエンロエンvsアルバート・アミルジャ二ャン【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:7072
  • 累計のページビュー:14924970

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss