スポーツ えっせい

琴奨菊 遂に‘落城’ 1年で天国から地獄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 大相撲初場所12日目の昨日、先場所5勝10敗と負け越しカド 番となっていた大関の琴奨菊が関脇の玉鷲に押し出され8敗目を 喫し大関からの陥落が決まった。

 琴奨菊といえば1年前の初場所で日本出身力士として10年ぶり の優勝を飾り大いにファンを沸かせたのだが1年後の初場所では、 よもやの大関陥落なのだから正しく天国から地獄への1年だったと いう事になる。

 先場所負け越した原因となっている両膝のケガが慢性化している ようで今場所も土俵際まで相手を押し込みながら、土俵際の引き技 に屈するような内容の相撲が目立っているので膝の調子の悪さが窺 える。

 今場所も初日こそ荒鷲に勝って3日目まで2勝1敗だったものの 4日目から痛恨の5連敗で、今場所好調の高安や御嶽海だけでなく 結果的に負け越している宝富士や隠岐の海らにも敗れているのだか ら勝ち越しは厳しいかと思っていた。

 それでも9日目に全勝の稀勢の里に勝って流れを変えるかに思わ れたのだが、翌日には豪栄道に敗れると11日目に鶴竜休場による不 戦勝という幸運も生かせずに玉鷲との対戦では申し分ない立ち合い にも拘らず喉輪を決められて一気に押し出される形で万事休す。

 例え玉鷲に勝ったとしても今日が優勝争いをしている白鵬だった ので勝ち越しは厳しかったと思うが、やはりベストコンディション でなければ大関の座を維持するのは難しいという事だろう。

 昨年の初場所で優勝した後に‘横綱も’と周囲はいろめき立ったが、 結果的に春場所後に2桁勝ったのは名古屋場所のみという状況では 下手に春場所で優勝or準優勝で横綱に昇進していたら今頃は引退に 追い込まれているだろうから昇進しなくてよかったのではないか。

 今のままの状態では春場所で10勝して大関復帰というのも厳しい 状況だろうが、若手力士が上位に挑む壁になって欲しいと思うもの である。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

琴奨菊の 大関陥落に思うこと。【スポーツ よもやま話】

稀勢の里は、麻薬だ。【幕下相撲の知られざる世界】

小國、無敗王者のグスマンに勝利し世界制覇【角海老-ボクシングコラム】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:4318
  • 累計のページビュー:14011498

(03月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss