スポーツ えっせい

浅田真央の不振は残念ではあるが

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日まで行われていたフィギュアスケート全日本選手権は最終日 に女子シングルフリーが行なわれ、宮原知子が138,38の高得点を 叩き出しトータル214,87で2位の樋口新葉に15点差以上の大差を 付けて圧勝し3年連続優勝を飾った一方で浅田真央は12位に終わる という惨敗を喫しエースの新旧交代を印象付けた。

 今大会の浅田真央は前日行なわれたSPでもトリプルアクセルが 1回転半になるなど8位と出遅れフリーで巻き返しを期したのだが、 いきなり回転不足で転倒したのを手始めにジャンプの回転不足が目 立つ内容で114,10に終わりシニア転向以来初めての世界選手権を 逃がす事になっただけでなく四大陸選手権や札幌で行なわれるアジア 大会の出場権すら逃す事になった。

 昨シーズンから左膝の不安を抱えていた浅田は調整遅れの今シー ズン行なわれた3試合でトリプルアクセルを1度も使う事なく戦っ ていたのだが、当然ながら結果を残せずに今回の全日本で初めてト リプルアクセルに挑んだものの いずれも失敗。

 これで来シーズンのシード権もなくなり平昌五輪への道は厳しく なったと言わざるを得ないが、個人的には十分予想できた事から驚 きはしない。

 フィギュアスケートの世界では五輪のメダルを手土産にショース ケートであるプロに転向するというのが基本路線だから極端な話、 バンクーバーで銀メダルを獲得した後にプロに転向してもよかった わけである。

 つまりバンクーバー以降の浅田のキャリアは余生的な形なので、 かつてのカタリーナ・ビットのように採点傾向などを気にする事 なく楽しんだ演技をして欲しいと思っていたし浅田だから許された 事だろう。

 ただし競技フィギュアの場合は特にジャンプになどは年齢を重ね ると下半身に相当な負担をかける事になるわけで、当然ながらケガ もしやすくなるため今シーズンのような結果も十分予想された。

 もっとも日本のフィギュアスケート界全体を俯瞰して見ると26歳 というベテランの浅田が全日本選手権などで優勝するのは他の若手が 育ってないという事で、むしろ憂うべき状態なのだから浅田が世界へ の出場権を失うのは悪い事ではない。

 そういう事情を理解せずに浅田の世界大会出場権獲得失敗を残念 がるマスコミこそ、健全ではないと思うのだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

浅田真央の不振は残念ではあるが

はっきり言って若手が育っているとは思えない。確かに今回浅田選手の不振により樋口選手や三原選手が代表に選ばれはしたが、点数では200点を超えることは出来ていない。浅田選手は、ソチのシーズンのほとんどの試合で200点を超えていたし、当時の全日本で優勝した鈴木明子選手も210点以上だったと思う。要するに宮原選手以外は3年前の全日本のレベルをまだ超せていないのである。200点を軽々超える多くの海外の選手と比べれば゛その差は歴然としている。このままでは世界選手権の表彰台はおろか3枠獲得も厳しいと思う。よく若手には伸びしろがあるなどと呑気な事を言っている人がいるが、海外の若手もこれからさらに伸びる可能性があるのである。フィギアは採点競技であり、浅田選手に勝ったから世代交代というのはあまりに軽率すぎる。宮原選手のように浅田選手の記録を抜かない限り世代交代とは言えないと思う。

こんな記事も読みたい

本郷理華選手、自分に負けるな!貪欲に這い上がれ!全日本フィギュア2016【フィギュアスケートを楽しく観たいから】

ポスト羽生結弦は宇野昌磨【スポーツ えっせい】

湯浅途中計時ラップを記録し、8位で2本目へ マドンナ・ディ・カンピリオ【アルペンスキー撮影記】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:5602
  • 累計のページビュー:14815446

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss