スポーツ えっせい

ポスト羽生結弦は宇野昌磨

このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪の東和薬品ラクタブドームで行われているフィギュアスケー トの全日本選手権・男子シングルフリーが昨日行われ、SP2位発進 だった宇野昌磨がフリーで192,36を出して合計280,41で逆転優勝 を飾った。

 SPでは4回転トーループで転倒するなどジャンプが不調で88,05 だった宇野は最終組の最終滑走となりSP3位の田中刑事、1位の無良 崇人らの演技を見てのスタートだけに どこまで緊張を抑えられるか というのも見どころだった。

 フリーでは2つ前の田中が163,70でトップに立ち無良は冒頭の4 回転ジャンプこそ成功させたものの後半崩れて151,77で2位に落ち る中で、宇野は序盤こそ着氷をこらえるなど今一つだったが後半を 巻き返しての逆転優勝だった。

 今大会は絶対王者の羽生結弦が大会前にインフルエンザにかかり 欠場というアクシデントの中で始まったのだが、逆に言えばポスト 羽生を巡る戦いという位置づけになるなど興味深いものになった。

 来年の平昌五輪が羽生にとって年齢的にも最後の五輪という事に なりそうだから、日本男子フィギュアスケート界にとってもポスト 羽生の抜擢は至上命題だ。

 だからこそジュニアグランプリファイナルで初の160点台のスコ アを出して優勝し、世界ジュニアでの2冠という実績を持つ宇野が どこまで無良や羽生のライバルである田中らと戦えるかというのが 1つの焦点だった。

 そんな中でSPではプレッシャーからかジャンプが不調に陥って 2位発進だったものの、フリーでは最もプレッシャーがかかる最終 滑走だったにも拘わらず後半しっかり盛り返しての逆転優勝は素晴 らしいわけで名実ともにポスト羽生の1番手となったわけだ。

 今シーズンのGPファイナルでは銅メダルを獲得しているので今度 は世界選手権でどこまでやれるか楽しみになってきた。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

湯浅途中計時ラップを記録し、8位で2本目へ マドンナ・ディ・カンピリオ【アルペンスキー撮影記】

全日本フィギュア波乱の予感!男子は羽生・山本草太・村上大介が欠場 浅田真央は上り調子(本人談!)【フィギュアスケートを楽しく観たいから】

軽井沢国際カーリング選手権終了 〜結果と感想と今後の展望など〜【スポーツ宅急便】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:889
  • 累計のページビュー:15116573

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss