スポーツ えっせい

リオ五輪総括:柔道編

このエントリーをはてなブックマークに追加

 リオ五輪の柔道競技は男子が金:2、銀:1、銅:4で女子は金:1、 銅:4で特に男子は全階級でメダル獲得という快挙だった。

 4年前のロンドン五輪では男子は金を逃しているのだから復活 への第一歩と言っていいだろう。

 ちなみに76モントリオール五輪の後から柔道が無差別級を除き 7階級制になっているのだが男子が全階級でメダルを獲得したのは 意外にも初めてで、特に今大会で異彩を放ったのが90㌔級でベイ カー茉秋が取った金。

 90㌔級は旧86㌔級時代からの鬼門で金はおろか決勝進出が04 アテネの泉浩のみという状態だったので、この階級で金を取れる のはある意味 快挙だったわけだ。

 逆に言えば初日に登場する最軽量級の女子48㌔&男子60㌔級は 谷亮子&野村忠宏といった凄い選手が活躍していたので金メダルを 取るのが当たり前のような雰囲気だったものの、男子60㌔級で野村 以外で金を取ったのは84ロスの細川伸二のみで女子48㌔になると 谷亮子しか取ってないのだから2人がいかに凄かったか分かる。

 谷と野村以外でも各階級の金メダリストのリストを見ると金を 取ったのは特定の選手で、他の選手は意外にも苦戦して金どころ かメダルにすら届かないというケースが目立つのだ。

 特に女子はアテネでの金5個という事例があるので今回‘たった 1個’と言われそうだが、複数金メダルを取ったのはアテネ以外は 08北京の2個のみで96アトランタの恵本裕子や00シドニー&アテネ では谷亮子だけが1大会1階級金を取っているのだからガッカリする 必要はない。

 リオでの男子は66㌔級の海老沼匡が連続出場だったぐらいで他は 初出場の若手が多かったわけだから、大野将平やベイカー以外で金 を取れなかったものの いい経験になったのではないだろうか。

 とりあえず今回の成績で井上康生監督の手腕が証明されたわけで 逆に言えば4年前は監督そのものが一昔前の感覚だったのだから、 やり方さえ間違わなければ金1個は確保できていただろうし、4年 後の東京では男子の金:4、女子の金:3ぐらいは狙えるのではな いかと思うのだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリンピック競技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リオ五輪 トライアスロン競技女子 レースレビュー【須賀啓太のTriathlonレポート】

リオ五輪総括・体操編【スポーツ えっせい】

ひそかにオリンピックで熱い戦いをしていた物たち【Armar know Jack Bigwild】

今回に限っては意外と大事かも?AFCU-19選手権は絶対にベスト4!【spoloveブログ】

U-18侍ジャパンから東京五輪メンバーへ【野球専門誌『ベースボール・タイムズ』編集部ブログ】

小川雄勢、東京オリンピックへ【闘いの世界を綴る世界】

[リオ五輪]前半戦を振り返る 柔道編【ブラジルサッカーレポート】

エジプト選手、イスラエルの柔道選手との握手拒否を解説【Go Angels Baseball!】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14134327

(04月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss