スポーツ えっせい

日本人ボクサーが海外でのビッグマッチを望むならば

このエントリーをはてなブックマークに追加

 内山高志や山中慎介が熱望している海外でのビッグネーム相手の 試合を実現したのは西岡利晃と三浦隆司の2人だが、それ以前に ビッグマッチを期待されたものの惜しいところで逃した選手では 浜田剛史と平仲明信に三原正が上げられる。

 WBC:Jウエルター級王者だった浜田剛史は強豪のレネ・アルレ ドントを1RでKOして戴冠したのだが、アルレドントとの再戦で 勝った場合Jライトとライト級を制していたヘクター・カマチョが 3階級制覇を狙っており浜田との対戦の話が出ていた。

 WBA:Jウエルター級王者だった平仲明信も3階級制覇王者だった エドウィン・ロサリオを1RでTKOして戴冠し、同じ興行でWBC 王者だった名王者フリオ・セサール・チャベスとの統一戦の話が出 ていたのだ。

 残念ながら浜田はアルレドントとの再戦で敗れ、平仲もモーリス ・イースト相手の初防衛戦をオーバーワークが原因で逆転KO負け してビッグマッチの実現はならなかった。

 浜田や平仲はビッグネームの選手に勝っているからこその対戦オ ファーだったのだが、そんな中で異色だったのはWBA:Jミドル級 王者だった三原正で何とシュガー・レイ・レナードとトーマス・ハー ンズという5階級制覇をしたスーパースターとの試合が設定されて いたのだ。

 プロ入り5戦目でOPBFタイトルを奪取した三原は世界1位に ランクされて迎えた81年6月にヒューストンのアストロドームで 開催されたレナード&ハーンズのWメインの前座でOPBFタイト ル防衛戦で倒したラモン・ディオニシオをKOして名を上げると、 レナードの返上で空位になったWBA:Jミドル級タイトルを2位 ロッキー・フラット相手の決定戦を敵地・ロチェスターで行いダウ ンを奪う判定勝ちでタイトルを奪取。

 この2試合で評価を上げた三原は‘オリエントエクスプレス’と 現地で言われ、専門誌などによれば1位のアユブ・カルレとの指名 試合をクリアしたら82年の秋あたりに統一ウエルター級王者のレナ ードとノンタイトルで対戦する話が出ていたらしい。

 残念ながら三原はデビー・ムーアとの初防衛戦で緊張から動きが 硬く6RでKO負けしてタイトルを失い、レナードも網膜剥離で一時 引退する事になる。

 三原は その後 日本タイトルから出直し84年にロベルト・デュ ランを倒したばかりのトーマス・ハーンズからのオファーを一旦受 けたものの、持病の腰痛が悪化して最終的にキャンセルする事に なってしまった。

 凄いのはアルレドントやロサリオといった大物と戦ってないにも 拘らず、レナードやハーンズから対戦オファーが来たのはアメリカ での2試合が素晴らしかったというわけで アメリカなどを含めた 海外で戦わないとダメだという事を証明しているのではないか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

変革!6・5(日)「DEEP JEWELS」新宿大会のポスターを見てもやる気が伝わってくる【極上の“T-1二見激情”見参】

観戦記1133 UFC Fight Night 87 アントニオ・シウバvsステファン・ストルーブ【人生マイペンライ】

観戦記1132 ボンバーレフト 再起戦! 三浦隆司vsジミー・ボルボン【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconue-kj

  • 昨日のページビュー:4672
  • 累計のページビュー:14942408

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さらば松中信彦
  2. 米ツアー124位の石川遼が圧勝する日本シリーズって・・・
  3. 高校野球・茨城県代表の悲劇は再び・・・
  4. どうしようもない日本男子ゴルフ界
  5. マニー・パッキャオ墜つ!衝撃の失神KO負け
  6. 体操男子団体、内村航平のワンマンチームでは・・・
  7. 波乱が続く秋期高校野球大会に思う
  8. 渡辺元智・横浜高校監督退任表明に思う
  9. 松山英樹の連覇は嬉しいが
  10. 1枚エースで夏を勝ち抜くのはリスクが高い

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss